1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 富山インターハイ2021
  6. 富山インターハイ 篠塚/谷垣が同士打ちを制して優勝 〜男子ダブルス〜

富山インターハイ 篠塚/谷垣が同士打ちを制して優勝 〜男子ダブルス〜

 2021年8月12日〜17日、富山市総合体育館(富山県)にて第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)が開催されている。大会4日目は男子ダブルス4回戦〜決勝が行われ、篠塚/谷垣(愛工大名電)が、決勝で濵田/吉山(愛工大名電)を破って初優勝を飾った。

篠塚/谷垣(愛工大名電)が初優勝

篠塚大登(右)/谷垣佑真ペアが初優勝

思い切りよく最後まで攻めた篠塚(左)/谷垣

攻撃力ではまったく見劣りしなかった濵田(左)/吉山

濵田と吉山は試合後、マッチポイントを握りながらも優勝を逃した悔しさをにじませた

<男子ダブルス決勝>
篠塚大登/谷垣佑真(愛工大名電) 5,-9,-9,12,4 濵田一輝/吉山僚一(愛工大名電)

 準決勝では、前日の学校対抗の準々決勝で敗れている星/佐藤(東山)にストレート勝ちでリベンジを果たし、決勝に勝ち進んだ第1シードの篠塚/谷垣。対するは準決勝でも岡野/鈴木(愛工大名電)との同士打ちを制して決勝進出を果たした濵田/吉山。
 決勝はお互いに手の内を知るもの同士、少しでも甘いボールはリスクを負って攻める両者の攻防が展開した。一発の攻撃力では篠塚/谷垣に引けを取らない濵田/吉山が第2、第3ゲームの競り合いをものにして王手。第4ゲームも10-9とリードをキープして、マッチポイントを握るも、決めきれずに逆転を許すと、最終ゲームは前のゲームの逆転を引きずったか、濵田/吉山が精彩を欠き、このすきを見逃さなかった篠塚/谷垣がリードを広げて優勝を決めた。
 学校対抗では勝っても笑顔を見せることのなかった篠塚と谷垣の笑顔が今大会初めてこぼれる初優勝となった。

●篠塚大登のコメント
「決勝の相手はいつも練習試合でも競る相手だったので、勝ててうれしいです。
 マッチポイントを取られた時は、あと1点というところまで追い詰められたので、自分たちがやることをやるしかないと思いました。
 昨日(学校対抗準々決勝の東山戦のダブルス)負けて、そこで自信を失ってもしかたないので、それはそれと切り替えて今日に入れたので良かったです。
 1年空いて、谷垣と組むのも久々だったので、去年の分もここでぶつけることができて良かったと思います。
 準決勝の東山ペアには昨日の反省を生かして、出足からそれを実行することができたのでそれが勝因になったと思います」

●谷垣佑真のコメント
「自分としては自分たちのペアの方が劣勢だと感じていましたが、このインターハイに向けてどう改善していくかを2人で考えてやってきたので、最後こういう結果で終えることができてうれしいです。
 追い詰められた場面で、こっちがびびってもしようがないので、全力で攻めて負けたらと自分の心の中では思っていましたが、優勝という形で追われて、攻めて良かったと思いました。
 篠塚が遠征やTリーグでいないことが多くて、その間自分はダブルスの練習をすることができなかったので、不安はありましたが、お互いがお互いを信頼し合って出た結果だと思うのでよかったです」

個人の技術と連係のよさを併せ持つ好ペアの星(左)/佐藤が3位

第2シードとして順当に勝ち上がった岡野(左)/鈴木

 3位には星優真/佐藤匠海(東山)と岡野俊介/鈴木颯(愛工大名電)が入った。
 東山ペアは、学校対抗で篠塚/谷垣を破っていただけに決勝進出も期待されたが、準決勝ではミスを誘われストレート負けを喫した。岡野/鈴木は鈴木がしっかりつないで岡野が決める連係で、準決勝まで危なげなく勝ち進んだが、濵田/吉山のパワーに屈した。


卓レポツイッター
でも速報を配信予定です。ぜひご覧ください!

詳細な大会記録はこちら
卓球 (8月15日) | 北信越総体 2021https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_060_20210815.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事