1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 富山インターハイ2021
  6. 富山インターハイ 大藤/横井が圧巻の強さで初優勝!! 〜女子ダブルス〜

富山インターハイ 大藤/横井が圧巻の強さで初優勝!! 〜女子ダブルス〜

 2021年8月12日〜17日、富山市総合体育館(富山県)にて第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)が開催されている。大会4日目は女子ダブルス4回戦から決勝が行われ、大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)が初優勝を果たした。

失ったゲームはわずか1。圧巻の強さで大藤/横井が優勝!

第1シードの大藤(右)/横井が文句なしの優勝

どちらからでもどこからでも攻められるのが大藤(左)/横井の強み

躍動感あふれるプレーで2位に入った菅澤(左)/中森

<女子ダブルス決勝>
大藤/横井(四天王寺) -7,7,8,9 菅澤/中森(四天王寺)

 圧巻の強さだった。女子ダブルスで優勝した大藤/横井が決勝までの6試合で失ったゲームはわずか1。決勝の同士打ちこそ1ゲーム目を先制され、今大会で初めてゲームを失ったが、2ゲーム目以降は大藤と横井の連続攻撃が冴え、優勝へと突っ走った。
 両者とも2年生だけに、連覇も十分可能だろう。

 2位には同じ四天王寺の菅澤柚花里/中森帆南。菅澤のしゃがみ込みサービスから中森の躍動感あふれるフォアハンドドライブで勝ち上がったが、決勝では大藤/横井の攻撃力に一歩及ばなかった。

3位の山﨑(右)/直江。左腕同士と思えない見事な連係を見せた

学校対抗でも活躍した枝廣(左)/𠮷井が3位

 3位には、山﨑唯愛/直江杏(明誠)の左腕ペアがノーシードから入った。左腕同士とは思えないスムーズな連携で優勝した大藤/横井とも果敢に打ち合った。
 もう一方の3位は、女子学校対抗でも活躍した枝廣愛/𠮷井亜紀(就実)。準決勝で菅澤/中森にゲームオールまで迫ったが、最後は四天王寺ペアの積極性にわずかに振り切られた。


卓レポツイッター
でも速報を配信予定です。ぜひご覧ください!

詳細な大会記録はこちら
卓球 (8月15日) | 北信越総体 2021https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_060_20210815.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事