1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 富山インターハイ2021
  6. 富山インターハイ ベスト8が出そろう 〜女子シングルス5回戦〜

富山インターハイ ベスト8が出そろう 〜女子シングルス5回戦〜

 2021年8月12日〜17日、富山市総合体育館(富山県)にて第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)が開催されている。
 大会5日目は女子シングルスの2回戦から5回戦が行われ、ベスト8が出そろった。


強い精神力で面田に逆転勝利した枝廣

4回戦で外シードの野村を下した立川

ナックルからの強打が立川の持ち味。明日の準々決勝で大藤に挑む

第1シードの横井は苦戦しながらもベスト8入り

横井をあと一歩まで追い詰めた甲斐

白山はゲームオールの接戦を連続で切り抜けた

好調をキープしている赤江。パワフルなドライブで頂点を狙う

余裕のある試合運びを見せている大藤。ダントツの優勝候補だ

特異なプレースタイルで取材陣をざわつかせた塚田。今後が楽しみだ


●女子シングルス5回戦の結果
横井咲桜(四天王寺) 3-2 甲斐萌夏(愛み大瑞穂)
青井さくら(明徳義塾) 3-1 吉井亜紀(就実)
赤江夏星(香ヶ丘リベルテ) 3-0 山下菜々実(浜松修学舎)
菅澤柚花里(四天王寺) 3-0 大村風葉(龍谷大平安)
白山亜美(明徳義塾) 3-2 買手日菜(札幌大谷)
枝廣愛(就実) 3-2 面田采巳(四天王寺)
立川朋佳(進徳女子) 3-1 直江杏(明誠)
大藤沙月(四天王寺) 3-0 伊藤百華(希望が丘)

 女子シングルス5回戦で波乱を起こしたのは、枝廣愛(就実)。2021年全日本ジュニア女子ベスト8の面田采巳(四天王寺)と対戦した枝廣は、前半で0対2と圧倒されるも、そこからあきらめずに積極的な速攻で戦い、逆転で四天王寺の一角を崩した。
 枝廣とならび、立川朋佳(進徳女子)も波乱を巻き起こしている。シェーク異質型の立川は、バック面からのナックル(無回転)性のボールで相手のリズムを乱し、フォアハンドの強打で仕留めるプレーで、4回戦で外シードの野村光(桜丘)を破ってランク入り(ベスト16入り)すると、5回戦で直江杏(明誠)を下し、あれよあれよいう間にベスト8入り。明日の準々決勝では、大藤沙月(四天王寺)と対戦する。シンデレラガールが優勝候補の大本命にどこまで迫れるか注目だ。
 第1シードの横井咲桜(四天王寺)は、甲斐萌夏(愛み大瑞穂)のリーチの長さを生かした思い切ったプレーに苦しむもベスト8入り。
 学校対抗で活躍した白山亜美(明徳義塾)も、4回戦でツブ高ラバーを巧みに使う塚田桜姫(中野西)、5回戦でサウスポーのパワーヒッター・買手日菜(札幌大谷)に、ともにゲームオールまで迫られるも勝ちきる気持ちの強さを見せてベスト8入りを果たした。明日の準々決勝では面田を下した枝廣と対戦する。好勝負が期待できそうだ。
 そのほか、青井さくら(明徳義塾)、赤江夏星(香ヶ丘リベルテ)、菅澤柚花里(四天王寺)、大藤ら実力者が順当にベスト8入りしている。
 ランク入りはならなかったが、際立った選手として、中野西(長野)の学校対抗初出場の原動力になった塚田を挙げたい。バック面のツブ高ラバーでドライブを止めまくってからの機を見たスマッシュは得点システムとして確立されており、4回戦で白山にあと一歩まで迫った。まだ1年生だけに、今後が楽しみな選手だ。

●女子シングルス準々決勝の組み合わせ
横井咲桜(四天王寺)- 青井さくら(明徳義塾) 
赤江夏星(香ヶ丘リベルテ)- 菅澤柚花里(四天王寺)
白山亜美(明徳義塾)- 枝廣愛(就実)
立川朋佳(進徳女子)- 大藤沙月(四天王寺)

卓レポツイッターでも速報を配信予定です。ぜひご覧ください!

詳細な大会記録はこちら
卓球 (8月16日) | 北信越総体 2021https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_060_20210816.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事