1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 富山インターハイ2021
  6. 富山インターハイ ベスト8が出そろう 〜男子シングルス5回戦〜

富山インターハイ ベスト8が出そろう 〜男子シングルス5回戦〜

 2021年8月12日〜17日、富山市総合体育館(富山県)にて第90回全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ)が開催されている。大会5日目は男子シングルス2〜5回戦(ベスト8決定戦)が行われ、準々決勝を戦う8選手が出そろった。

飯村(右)はジュニア王者の濵田を破る金星を挙げた

ダブルス、学校対抗で優勝し、三冠のかかる好調の谷垣も優勝候補の一人だ

5回戦で原(東山)を接戦の末に破った高橋も8強入り

徳田(手前)は川村の予想外のボールに苦しめられ3回戦敗退

<男子シングルス5回戦>
篠塚大登(愛工大名電) 3-1 伊藤礼博(安田学園)
萩原啓至(愛工大名電) 3-2 三浦裕大(遊学館)
谷垣佑真(愛工大名電) 3-0 齊藤秀太(明徳義塾)
岡野俊介(愛工大名電) 3-0 前出陸杜(高田)
鈴木颯(愛工大名電) 3-1 新名亮太(明徳義塾)
吉山僚一(愛工大名電) 3-2 星優真(東山)
高橋航太郎(実践学園) 3-2 原大翼(東山)
飯村悠太(野田学園) 3-2 濵田一輝(愛工大名電)

 男子シングルスは5回戦を終えてベスト8が出そろった。大きな波乱としては第2シードの濵田(愛工大名電)が飯村(野田学園)に敗れてベスト8入りを逃した。

 ベスト8のうち、6名が愛工大名電勢と偏った勢力分布となったが、全日本選手権大会ジュニアの部の結果を見ても、順当と言える結果だろう。
 中でも優勝候補は、1昨年前のインターハイで戸上(当時野田学園)と決勝を争った篠塚(愛工大名電)、篠塚とともに今大会三冠のかかる谷垣(愛工大名電)、全日本ジュニアでベスト4入りしている岡野(愛工大名電)、鈴木(愛工大名電)にもチャンスはあるだろう。一昨年の全国中学校大会の決勝で鈴木を破っている吉山も不気味な存在感を放っている。いずれにしても、対外的な成績が反映されにくいのが同士打ち。誰が勝っても不思議ではないだろう。
 名電勢以外でベスト4入りが決まる高橋(実践学園)と飯村の対戦にも注目したい。

 この他、野田学園のエース・徳田は川村(大阪桐蔭)のフラットなボールを多用するプレーに屈し3回戦敗退。学校対抗で活躍した鈴木(静岡学園)は2回戦でペンホルダーの高橋(育英)に敗れ、上位進出はならなかった。


<男子シングルス準々決勝の組み合わせ>
篠塚大登(愛工大名電) - 萩原啓至(愛工大名電)
谷垣佑真(愛工大名電) - 岡野俊介(愛工大名電)
鈴木颯(愛工大名電) - 吉山僚一(愛工大名電)
高橋航太郎(実践学園) - 飯村悠太(野田学園)


卓レポツイッター
でも速報を配信予定です。ぜひご覧ください!

詳細な大会記録はこちら
卓球 (8月16日) | 北信越総体 2021https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_060_20210816.html

(取材=佐藤孝弘/猪瀬健治)



\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事