会社案内

  1. バタフライ卓球用品/タマス
  2. 会社案内

トップメッセージ
一途一心

 当社は昭和25年に田舛彦介により創立された卓球用品の専業メーカーでございます。創立以来一貫して選手のための用具造りを信条としてまいりました。とりわけ、ラバーの分野では、スレイバー、タキネス、ブライス、テナジーというような革新的な商品を発売し、選手の皆様から一定のご評価をいただいております。
 海外市場に対しても、昭和47年にドイツに現地法人を設立し、その後、中国、韓国にも同法人を設立し、現地化した政策を展開してまいりました。しかしながら、情報技術の発達等により国境がなくなり、市場をめぐる情勢は一変いたしました。このような変化に対応するため、世界的な価格改定を行い、東京本社が自らグローバル市場を管理する方式に変更いたしました。
 一方、社内でも体質改善を実行中で、「他責から自責へ」「対処主義から事前主義へ」「現状満足思考から自発的改善思考へ」という3つのスローガンを立て取組んでおります。
 近年、卓球がメディアに取り上げられる機会が増え、より身近なスポーツになってまいりました。ここまで、皆様と一緒に歩んでこられましたことを我々は誇りに思っています。今後も、卓球というスポーツを見つめ、卓球をする人のために、卓球文化を発信し続ける企業でありたいと念じております。

創業のこころ
卓球という小さな井戸を深く掘り続ける

 これは、株式会社タマス創業時からの企業テーマです。
 私どもの使命は、卓球というスポーツを深く見つめ、その振興(普及)・発展のために、より優れた用具を開発することです。卓球というスポーツをよりダイナミックで魅力的にするための用具をご提供し続けるとともに、卓球を愛するすべての皆様がより豊かな人生を実現するためのお役に立ちたいと考えております。
 創業から半世紀余りたった現在、私どもはあらためて「創業の心」を深く肝に銘じ、卓球というスポーツと、卓球を愛するすべての皆様のために、いっそう努力を続けてまいります。

商標[バタフライ]について
選手を花にたとえるならば、 私たちはその花に仕える蝶でありたい

 自然界において、蝶は花々を飛び回り、美しい花を咲かせるためのお手伝いをします。
 蝶をモチーフとした商標「バタフライ」は、「選手を花にたとえるならば、私たちはその花に仕える蝶でありたい」という私どもの信条をシンボライズしたものです。
 花に奉仕する蝶のように、私どもは選手に奉仕し続ける集団でありたいと願っております。

ページトップへ