会社案内

  1. バタフライ卓球用品/タマス
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革

昭和21年
【2月1日】

山口県柳井町に田舛彦介が「タマス運動具店」を開業
※開業届は7月1日付

昭和24年
【2月1日】

東京都杉並区馬橋3丁目309番地に「タマス運動具店東京出張所」を開設

【3月】

バタフライ卓球用品ラバーおよびラケットを発売
※当時は「バターフライ印」
代理店販売制をとり、東は三共スポーツ商会、西は井本運動具店の2社を代理店として取引を開始した

昭和25年
【12月19日】

株式会社タマスを設立。本社は山口県柳井町、資本金100万円
田舛義一が初代社長に就任。田舛彦介が専務に。他役員12名(非常勤含む)、社員14名

昭和27年
【10月26日】

現本社所在地を購入(当時の地名は、東京都杉並区馬橋2丁目142、約260坪)
同地に東京出張所を移転し、東京支店と改称

昭和28年
【6月】

東京支店でラケット自家生産に乗り出す

昭和29年
【2月】

東京支店内にラケット自家生産工場(第1工場)を建築

昭和31年
【3月】

山口県柳井市の本社を閉鎖、売却し、本社を東京に移す

【5月】

本社にラバー加工工場(第2工場)を建築する

【7月】

本社社屋竣工

昭和32年
【5月】

卓球用ユニフォーム発売

【9月】

卓球レポート創刊
タイプガリ版6項、誌代無料、送料年間100円
創刊時の名称は「バターフライ・レポート」。昭和33年9月に卓球レポートに改称

昭和34年
【2月】

荻窪に倉庫を設置(昭和40年ごろまで使用)

【12月】

田舛義一が会長に就任
田舛彦介が2代目社長に就任

昭和36年
 

ビリーバシリーズ発売

【5月】

卓球台発売

【9月20日】

多摩工場操業開始

昭和39年
【6月】

コーデュバイ事件勃発

【12月】

本社ビル完成(地上3階、地下1階)

昭和42年
【1月】

スレイバー発売、当時1枚750円

【11月】

所沢工場完成

昭和45年
【11月】

多摩工場を社員寮に改装

昭和48年
【1月】

ヨーロッパ現地法人「タマス・バタフライ・ヨーロッパ(TBE)」設立
西ドイツ・メールス市(当時)

【6月22日】

田舛義一永眠(享年77才)

昭和51年
【1月】

タキネス発売、当時1枚2000円

昭和52年
【8月】

本社ビルを増築し、5階にバタフライ・ラブが完成

昭和53年
【1月】

タムカ5000シリーズ(カーボン)発売

昭和58年
【4月】

本社横にバタフライ卓球道場が完成

昭和61年
 

卓球のカラー化運動が始まる
卓球台をブルーに、ボールをオレンジに、ホワイトのウエアを解禁

昭和62年
【5月】

らくご卓球クラブ(林家こん平監督、三遊亭小遊三ヘッドコーチ)発足

昭和63年
 

ラージボール卓球発足

平成元年
 

バタフライ ダブルス・チームカップを創設

平成3年
【11月】

新素材「アリレート」を搭載したラケット「キーショット」を発売

【12月】

田舛彦介が会長に就任
田舛公彦が3代目社長に就任

平成4年
 

とんねるずvsアルフィーの対決で卓球ブームが巻き起こる

平成5年
【11月】

アリレートとカーボンを交織した「アリレート・カーボン」を搭載したラケット「ビスカリア」を発売

【11月1日】

所沢事業所内にバタフライ物流センターが完成
同施設5階にバタフライ所沢卓球道場を設置

平成9年
【7月】

世界初のハイテンション・ラバー「ブライス」を発売
当時1枚5000円

平成10年
【5月】

映画「卓球温泉」上演。松坂慶子が主演して話題を集める

平成11年
【7月】

バタフライ・ホームページ開設

平成12年
【9月】

硬式ボールが38ミリから40ミリに変更される

【12月19日】

創立50周年

平成14年
【7月】

映画「ピンポン」が注目され、卓球人気が高まる

平成15年
【1月】

中国現地法人「タマス・バタフライ・チャイナ(TBC)」設立
中国・上海市

平成16年
【7月22日】

田舛彦介永眠(享年83才)

平成17年
【12月】

山田俊策が4代目社長に就任

平成18年
【4月】

研究施設「バタフライ・テクニカルセンター」設立
栃木県那須塩原市

平成19年
【4月】

新素材「ZLファイバー」を搭載したラケット「フォティーノ」を発売

【9月】

ZLファイバーとカーボンを交織した「ZLカーボン」を搭載したラケット「アムルタート」と「ハルワタート」を発売

【9月】

卓球レポート創刊50周年

平成20年
【4月】

スプリング・スポンジを搭載したテナジー・シリーズを発売
第1弾「テナジー・05」当時1枚6000円

平成21年
【2月】

韓国現地法人「タマス・バタフライ・コリア(TBK)」設立
韓国・ソウル市

【4月】

世界卓球2009横浜 用具スポンサー
バタフライのスリースターボール(40ミリ)が初の世界戦使用

【11月】

柳井市体育館(山口県)の命名スポンサーに
愛称を「バタフライ アリーナ」に決定

平成22年
【5月】

世界卓球2010モスクワ 用具スポンサー
2009年横浜大会に続いて、第50回世界卓球選手権大会の使用球に選ばれた

【12月19日】

創立60周年

平成23年
【3月】

所沢事業所内に研究棟が完成し、バタフライ・テクニカルセンターから研究拠点を移転

平成24年
【3月】

世界卓球2012ドルトムント 用具スポンサー
卓球台のスポンサーとしてオリジナル卓球台「The Earth 2012」を提供

【3月】

卓球レポート公式サイト「卓レポ.com」開設

平成25年
【3月】

所沢事業所を「バタフライ・テック」に改称
新ラバー棟が完成

【5月】

世界卓球2013パリ 用具スポンサー
ボールのスポンサーとしてバタフライのスリースターボール(40ミリ)を提供

平成26年
【1月】

タイ現地法人「タマス・バタフライ・タイランド(TBT)」設立
タイ・バンコク

【4月】

世界卓球2014東京 用具スポンサー
卓球台のスポンサーとしてオリジナル卓球台「One Earth 2014」を提供

【11月】

バタフライ・テック内に新ラケット棟が完成

平成27年
【4月】

世界卓球2015蘇州 用具スポンサー
ボールのスポンサーとして、プラスチック製『バタフライ スリースターボール40+』を提供

平成28年
【2月】 世界卓球2016クアラルンプール 用具スポンサー
卓球台のスポンサーとして、オリジナル卓球台「トラスピード」を提供
ページトップへ