1. 卓球レポート Top
  2. その他
  3. 卓球レポートアーカイブ
  4. 「夏に伸びる」渋谷五郎
  5. 夏に伸びる(第7回/全9回)

夏に伸びる(第7回/全9回)

夏になると、学生の皆さんには、「夏休み」という重点的に練習できる絶好のチャンスがあります。夏をどのように過ごすかで、その後の卓球は変わってくるはず。これから迎える夏を有意義に過ごすためには、どんなことに留意すればよいのかを、卓球レポート1995年8月号「特集 夏に伸びる(文=渋谷五郎)」より抜粋して紹介しましょう。第5回からは、春から卓球を始めた選手を念頭に、練習方法に触れます。夏は「大きく伸びるための基礎固め」として練習に取り組みましょう。 

体の使い方を覚える
 打球の種類によって、体の使い方は変わってくる。
 ドライブとスマッシュ、軽打と強打、打球点の高低、台からの距離によってのフォームの大小、等さまざまだ。
 よく見られる悪い例や改善のポイントを述べよう。
【軽打と強打】
 かなりうまくなっている選手でも、特にショートを多用する女子に多いが、体の使い方(スイングを含め)が小さくしかできない選手がけっこう多い。
 強打による決定打のような場合は、全身を大きく使えるようにならなければならない。
【打球点の高低】
 中陣や後陣でドライブを打つような場合に、相手の打球が浅く弱く入り、打球点が腰の下まで落ちてしまうようなことがよくある。そのボールに対して、膝を曲げずに右肩を下げてボールを迎えにいく選手が多い。
 打球点が低くなったときは、膝をしっかり曲げて打つことだ。
【台からの距離】
 軽打と強打の場合と同じように、フォーム(スイング)の大小の打ち分けが必要。台に近い時は肘を中心にしてコンパクトなスイング、台から離れた時は、離れるにしたがって大きなスイングにする。
 1本ずつでも良いので、体(スイング)を大きく使う打ち方と小さく使う打ち方を、この時期に体に覚えさせる。

Recommendおすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■その他の人気記事

Page Top