1. 卓球レポート Top
  2. 技術・戦術
  3. 究める!
  4. 第19回 逆チキータを究める!(加藤美優)

第19回 逆チキータを究める!(加藤美優)

hama

今回の達人 加藤美優(日本ペイントホールディングス)
勝つためのテクニックを達人がレクチャーする「究める」シリーズ。今回は、世界卓球ブダペスト2019女子シングルス日本代表の加藤美優選手(日本ペイントホールディングス)が、逆チキータを究めるためのポイントを伝授する。
※本文の技術解説は右利きプレーヤーを想定しています


 逆チキータとは、台上に来た短いボールに対して、文字通りラケットをチキータ(台上のボールをバックハンドドライブする技術)とは逆方向に動かして、ボールに左横回転をかけるレシーブの新技術だ。最近では多くの選手が使い始めている逆チキータは、加藤美優選手が使い始めて広まったと言われており、逆チキータのことを加藤美優選手の名前をもじって「ミユータ」と通称することもある。
 今回は、逆チキータの名手・加藤選美優手が、フォア前に来た下回転サービスに対してクロス(右利きの相手のフォア側)に逆チキータするパターンを例に上げて、この技術を究めるポイントをレクチャーしてくれる。
 逆チキータは独特のラケットの動かし方が求められる技術だが、「コツをつかめばそんなに難しくない」と加藤選手。加藤選手が話すポイントを参考にして逆チキータをマスターし、レシーブのバリエーションを広げよう!

kiwameru19-01 kiwameru19-02

達人からのアドバイス
 逆チキータは、私が小学3年生か4年生の頃、何か新しい技がほしいと思って考え出した技術です。
 逆チキータはボールに左横回転をかける技術で、打球が右利きの相手のフォア側に曲がるような軌道を描きます。そのため、相手を大きく動かしたり、相手の打球コースを限定したりできることがメリットです。それに加えて、逆チキータはボールに左横回転をかけることで、サービスの回転の影響を受けにくいことも大きなメリットだと思います。

 フォア前に来た下回転サービスに対して逆チキータするときは、フォア前に足を運び、体をボールに近づけることがポイントです。
 フォア前に動くときは、レシーブを構えた位置から左足を小さく1歩出します。次いで、右足をフォア前(斜め前)に大きめに運んでボールに近づきます。上体が起き上がってしまわないように注意してフォア前に足を素早く運び、ボールに近づきましょう。
 
 また、あとで触れますが、逆チキータは右腰の前あたりで打球することがポイントになる技術です。このポイントを踏まえ、ボールに近づくときは、右腰の前あたりで打球できる位置に右足を運ぶことも心掛けてください。

kiwameru19-03

達人からのアドバイス
 フォア前に足を運んで体をボールに近づけたら、チキータするときと同じようにバックスイングを取ります。
 わきを空けてひじを突き上げるように体から離しながら、ラケットの先を自分の方へ向けるように手首をしっかりひねってバックスイングしてください。
 このようにバックスイングを取ると、体の前にスイングするためのスペースができることに加え、相手に「チキータが来る」と思わせることができるので、この技術の効果が高まります。

kiwameru19-03


達人からのアドバイス
 ひじを体から離して高く上げ、手首を大きくひねってチキータのようにバックスイングしたら、ひねった手首を右上に返しながらラケットを反時計回りに動かしてスイングします。このようなスイングでボールの正面より少し右を打つと、ボールに左横回転がかかります。
 ボールを打つときは、ボールの少し右を「こすりながら押すイメージ」で打ちましょう。

 逆チキータをマスターするためには、「右腰の前あたりでボールを捉える」「ラケットの先の方でボールを捉える」の2つを意識して打球することがポイントです。そうすると、ボールの少し右を捉えて左回転を強くかけやすくなるので、効果的な逆チキータを送ることができます。
 打球点は、早いところを狙おうとするのではなく、ボールがバウンドの頂点から少し落ちてくるまで引き付けることを意識してください。頂点から少し落ちてきた打球点を狙うことで、ボールに左横回転をかけやすくなります。

 逆チキータをクロスに送ると、次球で相手はこちらのフォア側にドライブでつないでくる確率が高くなります。この傾向を踏まえ、クロスに逆チキータした後は、フォア側に来るドライブに備えましょう。
 一方、逆チキータをストレート(右利きの相手のバック側)にコントロールすることもありますが、その場合には、相手はバックハンドでこちらのバック側3分の2の範囲につないでくる確率が高くなります。
 
 ラケットの動かし方が独特な逆チキータは、一見すると難しそうな技術ですが、練習を重ねていけば必ずできるようになると思います。これまで紹介したポイントを参考にして繰り返し練習し、コツをつかんでください。

▼動画はこちら

(取材/文=猪瀬健治 写真=岡本啓史 動画=小松賢)

Recommendおすすめ記事

■技術・戦術の新着記事

■技術・戦術のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■技術・戦術の人気記事