1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ 〜デュッセルドルフが大逆転で決勝進出〜

ドイツ・ブンデスリーガ プレーオフ 〜デュッセルドルフが大逆転で決勝進出〜

ドイツ・ブンデスリーガでは4月11、19日にリーグ戦の上位4チームによるプレーオフの第1戦、第2戦が行われた。リーグ戦1位のデュッセルドルフとリーグ戦4位のザールブリュッケン、リーグ戦2位のグレンツァオとリーグ戦3位のマーベルツェルが決勝進出をかけて火花を散らした。

 リーグ戦でわずか1敗と圧倒的な強さを誇ったデュッセルドルフは、第1戦でザールブリュッケンに0対3で敗れるまさかの展開になり、敗退の危機に立たされたが、観客の声援を背にしたホームでの第2戦で底力を発揮した。

 1番のアチャンタ(インド)が3対0でマテネ(フランス)に勝利して望みをつなぐと、2番ではフランジスカ(ドイツ)がアポロニア(ポルトガル)にゲームオール9本で勝利。第1戦で敗れた雪辱を果たした。迎えた3番はエースのボルが登場。第1戦で敗戦を喫したトキッチ(スロベニア)と対戦し、3対1で勝利を収めた。この結果、得失ゲーム数の差でデュッセルドルフがザールブリュッケンを1ゲーム上回り、大逆転で決勝進出を決めた。

 吉田雅己(愛知工業大)が所属するグレンツァオはマーベルツェルと対戦。第1戦の3番手で登場した吉田はズュース(ドイツ)を破ったが、チームは2対3で惜しくも敗れた。

 決勝進出をかけた第2戦では吉田は2番で登場し、カット主戦型の王熹(中国)を攻略。その後、両チームが得点を奪い合い、5番で吉田が再び登場したが、フィルス(ドイツ)に敗れ、決勝進出にはわずかに届かなかった。

準決勝の結果、決勝は昨年同様、デュッセルドルフ対マーベルツェルという組み合わせになった。昨年はデュッセルドルフが栄冠をつかんだが、今年はどうなるのか。その行方に注目が集まる。ブンデスリーガの頂点をかけた戦いは5月24日に行われる予定だ。

■プレーオフ第1戦

☆2015.4.11

 TTC RSフルダ・マーベルツェル 3―2 TTCツークブリュッケ・グレンツァオ

○王熹 -10、9、8、6 グロス

○フィルス 8、8、-9、9 ガシナ

 ズュース -5、-8、6、-9 吉田○

 王熹 8、-11、-10、-7 ガシナ○

○フィルス 10、9、7 グロス

 FCザールブリュッケンTT 3―0 ボルシア・デュッセルドルフ

○アポロニア -6、9、-7、8、10 フランジスカ

○トキッチ 11、-3、10、5 ボル

○マテネ 10、9、-10、7 ジオニス

 アポロニア ― ボル

 トキッチ ― フランジスカ

■プレーオフ第2戦

☆2015.4.19

 TTCツークブリュッケ・グレンツァオ 2―3  TTC RSフルダ・マーベルツェル

 パヴェルカ -10、-8、-7 フィルス○

○吉田 9、-9、4、9 王熹

○グロス 7、8、-9、7 ズュース

 パヴェルカ -9、-5、6、-12 王熹○

 吉田 -8、-5、-9 フィルス○

 ボルシア・デュッセルドルフ 3―0 FCザールブリュッケンTT

○アチャンタ 8、1、9 マテネ

○フランジスカ 10、-6、-9、10、9 アポロニア

○ボル 6、-2、4、7 トキッチ

 アチャンタ ― アポロニア

 フランジスカ ― マテネ

今シーズンもブンデスリーガの全試合の動画が下記サイトで閲覧できる。
日本選手だけではなく、ボル、フランジスカ、アポロニアらトップ選手のプレーを見て、「世界のトッププレーの今」を体感してみよう!
http://tv.ttbl.de

ドイツ・ブンデスリーガ公式サイト(ドイツ語):http://www.ttbl.de/startseite
ブンデスリーガ2014-15チーム・選手紹介(PDF・日本語)
ブンデスリーガ2014-15試合日程(PDF・日本語)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事

Page Top