1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. 女子ワールドカップ準々決勝 〜福原、石川はベスト8止まり〜

女子ワールドカップ準々決勝 〜福原、石川はベスト8止まり〜

9月21〜23日、神戸市立中央体育館(兵庫)にてスターツ女子ワールドカップが開催されている。第2ステージを勝ち上がった8名の選手による決勝トーナメントが始まった。大会2日目は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が決まった。
 

馮天薇は最終ゲームでリードを覆し逆転勝ち

石川、馮天薇を追い詰めるも勝ちきれず
 
武楊は戦術の多彩さも見せた

福原は第1ゲームを先行したが武楊の懐の深さの前に敗れた
 
劉詩雯、ユ・メンユとの2度目の対戦は完璧な内容で圧倒

姜華珺は両ハンド攻撃でシェン・ヤンフェイを打ち崩した


■準々決勝第1試合
馮天薇(シンガポール) 7,−9,−8,9,4,−9,7 石川佳純(日本)

ロンドンオリンピックの女子シングルス3位決定戦のリベンジを果たしたい石川が、サービスからの展開でナイスプレーを見せ、厳しいコース取りで連続攻撃を仕掛けてくる馮天薇と接戦に。最終ゲームは石川が6−3とリードし、勝負を決めたかに思われたが、ここからあきらめない馮天薇が7点連取で逆転。一気に流れを変えられた石川は惜しくもベスト4入りを逃した。

■準々決勝第2試合
武楊(中国) −7,7,8,9,2 福原愛(日本)

無理な強打を控え、ループドライブとツッツキで粘り、武楊のミスを誘った福原が第1ゲームを先取。しかし、そこは中国選手、甘いボールはすかさず攻撃するなどの戦術転換を見せ、2ゲームを返す。第4ゲームは福原が2−6とリードされたところから両ハンド攻撃が決まりだし8−6と逆転。しかし、最後まで攻めきれずに再度逆転を許し、武楊が王手。第5ゲームは、集中力が切れたか、調子を上げてきた武楊に対して福原がミスを連発。石川に続きベスト8で姿を消した。

■準々決勝第3試合
劉詩雯(中国) 6,4,2,8 ユ・メンユ(シンガポール)

予選リーグでは劉詩雯を相手に3ゲームリードと善戦したユ・メンユだが、このゲームでは序盤から気合い十分の劉詩雯がつけいるすきを見せずにラリーで圧倒。世界ランキング1位、第1シードの意地を見せて2度目のワールドカップタイトルを狙う。

■準々決勝第4試合
姜華珺(香港) -10,8,2,7,8 シェン・ヤンフェイ(スペイン)

バック面表ソフトラバーの姜華珺とフォア面表ソフトラバーのシェン・ヤンフェイの対戦。ブロックの堅いシェン・ヤンフェイに対して姜華珺は両ハンド強打でワイドに攻めてシェンの粘り強さを発揮させずに、一気に4ゲーム連取して勝負を決めた。

明日の準決勝は以下の通り
劉詩雯(中国) 対 姜華珺(香港)
武楊(中国) 対 馮天薇(シンガポール)


今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
スターツ2013卓球女子ワールドカップ:http://w-worldcup.kyomycom.net/13kobe/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事