1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン2日目⑩ 【男子ダブルス】丹羽/吉村が準々決勝進出を果たす

ジャパンオープン2日目⑩ 【男子ダブルス】丹羽/吉村が準々決勝進出を果たす

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会2日目は21歳以下男女シングルス2回戦〜準決勝、男子シングルス予選トーナメント2〜3回戦、女子シングルス予選トーナメント2回戦、男女ダブルス1回戦が行われる。男子ダブルスは1回戦が行われ、準々決勝に進出する8ペアが決まった。
 
森薗(左)/大島はブラジルペアに敗れ1回戦敗退

丹羽(左)/吉村は接戦をものにしてベスト8進出

馬龍(右)/許昕は香港ペアを圧倒して準々決勝へ

樊振東(左)/張継科は中華台北ペアに苦戦しながらも勝利



 男子ダブルス1回戦では第1シードの森薗政崇/大島祐哉(明治大/ファースト)がカルデラーノ/ツボイ(ブラジル)に敗れる波乱があった。森薗/大島は出足からリードを許す苦しい展開が続いた。第3ゲームこそ取り返したものの、第4ゲームは再びブラジルペアに流れをつかまれて敗戦を喫した。このほか、日本勢では丹羽孝希/吉村真晴(明治大/名古屋ダイハツ)がフロール/ルベッソン(フランス)に3対1で勝利。オリンピックでもペアを組むことが予想される2人だが、接戦での勝負強さを見せて勝利を手にした。馬龍/許昕(中国)、樊振東/張継科(中国)の中国ペアも準々決勝進出。樊振東/張継科は最終ゲームまでもつれる苦しい展開になったが、勝利を収めた。

 


<男子ダブルス1回戦>
カルデラーノ/ツボイ(ブラジル) 9,4,-7,4 森薗政崇/大島祐哉(明治大/ファースト)
ケルベリ/K.カールソン(スウェーデン) 途中棄権 アポロニア/フレイタス(ポルトガル)
荘智淵/黄聖盛(中華台北) 5,7,8 ジェレル/M.カールソン(スウェーデン)
鄭栄植/李尚洙(韓国) -6,3,9,9 シバエフ/ウラソフ(ロシア)
馬龍/許昕(中国) 9,3,8 江天一/黃鎮廷(香港)
丹羽孝希/吉村真晴(明治大/名古屋ダイハツ) 8,8,-9,9 フロール/ルベッソン(フランス)
何鈞傑/唐鵬(香港) 9,4,2 Ni.アラミヤン/No.アラミヤン(イラン)
樊振東/張継科(中国) 4,7,-8,-7,2 陳建安/江宏傑(中華台北)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事