1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン2日目⑪ 【21歳以下女子】浜本とツォン・ジエンが決勝へ

ジャパンオープン2日目⑪ 【21歳以下女子】浜本とツォン・ジエンが決勝へ

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会2日目は21歳以下男女シングルス2回戦〜準決勝、男子シングルス予選トーナメント2〜3回戦、女子シングルス予選トーナメント2回戦、男女ダブルス1回戦が行われた。19時からは21歳以下女子シングルス準決勝が行われ、浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)とツォン・ジエン(シンガポール)が決勝進出を果たした。
 
浜本は早田との質の高いラリー戦を制して決勝進出

ツォン・ジエンは力強い攻撃で加藤を振り切った

好プレーが光った早田だが、決勝進出には一歩及ばず

加藤は先手を仕掛けるプレーでゲームを奪うも惜敗


 浜本は準決勝で早田ひな(希望が丘高校)と対戦。鋭い両ハンドドライブが特徴の両者による一戦は序盤から接戦が続き、互いにゲームを取りあう好試合になった。早田の打球点の早い攻撃に浜本は苦戦し、1対2とリードをされたが、第4ゲームのジュースの接戦をものにすると、第5ゲームは早田の攻撃にことごとく対応して得点を重ねた。要所ではフォアハンドドライブで攻撃するなど、隙あらば攻撃に転じる姿勢で早田を破り、決勝進出を果たした。敗れた早田は準決勝まで好プレーを見せてきたが、決勝進出にはあと一歩届かなかった。

 加藤美優(礼武道場)はツォン・ジエンと対戦。出足からレシーブで先手を取る積極性が光り、第1ゲームを奪ったが、ゲームを重ねるに連れて加藤のボールにタイミングが合いだしたツォン・ジエンの攻撃に苦しみ、ゲームオールの末に敗れた。ツォン・ジエンは決定力の高いフォアハンドドライブが光り、逆転勝ち。前田美優(日本生命)、加藤と日本選手を連破して決勝へと駒を進めた。


 21歳以下女子シングルスの決勝は明日の17時から行われる。

 


<21歳以下女子シングルス準決勝>
ツォン・ジエン(シンガポール) -9,3,6,-8,3 加藤美優(礼武道場)
浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園) -12,10,-2,13,8 早田ひな(希望が丘高)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事