1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー・ジャパンオープン
  5. ジャパンオープン2日目⑫ 【21歳以下男子】張本と三部が決勝進出!

ジャパンオープン2日目⑫ 【21歳以下男子】張本と三部が決勝進出!

6月15〜19日まで、ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(東京体育館)が開催されている。大会2日目は21歳以下男女シングルス2回戦〜準決勝、男子シングルス予選トーナメント2〜3回戦、女子シングルス予選トーナメント2回戦、男女ダブルス1回戦が行われた。19時からは21歳以下男子シングルス準決勝が行われ、張本智和(JOCエリートアカデミー)と三部航平(専修大)が決勝進出を果たした。
 
張本が強打のカルデラーノを封じ込め、決勝進出

三部は村松のカットに粘り強く対応し、勝利を手にした

カルデラーノは張本の速攻を防げず、敗戦

村松はゲームを先制するも勝利には至らなかった


 何鈞傑(香港)、木造勇人(愛工大名電高)、出雲卓斗(遊学館高)と強敵を破ってベスト4入りを果たした張本。準決勝では強打を誇るカルデラーノ(ブラジル)と対戦した。張本は序盤からカルデラーノの攻撃を封じるためにストップを多用。ラリー戦で強さを発揮する相手を前後に揺さぶって得点を重ねた。いずれのゲームも接戦となったが、勝負どころは得意のバックハンドで得点。両コーナーを鋭く突く攻撃でカルデラーノを追い込み、ゲームを奪った。最終ゲームは大きくリードしたところから詰め寄られたが、最後は気迫のプレーで得点し、勝利。各国の主力や日本の強豪校で活躍する選手を相手にも全くひけをとらない圧巻のプレーを発揮し、見事決勝進出を果たした。

 三部はカット主戦型の村松雄斗(東京アート)と対戦。序盤は村松の固い守備にミスが出て1ゲームを失った三部。第2ゲーム以降も村松の変化をつけたカットや、ドライブを織り交ぜたプレーに苦戦したが、緩急をつけたドライブで粘り強く対応し、3対1で勝利を収めた。準決勝では相手の戦型にしっかりと対応した三部だが、明日の張本との一戦ではどのような戦いを見せるのか。両者による一戦は非常に見応えのある試合になるだろう。


 21歳以下男子シングルス決勝は明日の17時から行われる。



<21歳以下男子シングルス準決勝>
張本智和(JOCエリートアカデミー) 8,9,9 カルデラーノ(ブラジル)
三部航平(専修大) -9,7,9,8 村松雄斗(東京アート)


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016:http://japantabletennis.com/japanopen2016/
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事