1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ2日目② 男子学校対抗1回戦で地元・関西が劇的勝利!

総社インターハイ2日目② 男子学校対抗1回戦で地元・関西が劇的勝利!

平成28年7月31〜8月5日、総社市スポーツセンター体育館「きびじアリーナ」(岡山)にて第85回全国高等学校選手権大会が開催されている。大会2日目は男女学校対抗の1〜2回戦が行われる。男子学校対抗1回戦では地元・岡山の関西が明大中野(東京)との5番にまで及ぶ死闘を制して2回戦進出。このほか、大会初出場となる聖和学園(宮城)と日南学園(宮崎)がそろって勝利を収めた。

 

150810-01.jpg関西が地元の大声援の後押しを受けて明大中野との死闘を制した
 
15081001-02.jpg初出場の日南学園は帝京安積に勝利
 
15081001-03.jpg同じく初出場の聖和学園も2回戦へ


15081001-04.jpg会場の外ではバタフライのサービスコーナーを展開中!

 男子学校対抗1回戦では地元・岡山の関西が明大中野(東京)と激戦を繰り広げた。関西は柏らが得点を挙げて前半で2対0とリードしたが、ダブルス、4番が落として2対2と5番まで持ち込まれた。ラストは関西が松浦、明大中野が林と2年生同士の対戦。松浦は先に攻撃を仕掛ける展開が功を奏して2対1とリードして第4ゲームを迎えた。このまま一気に決め切りたいところだったが、第4ゲームは勝利が目前に迫ったことが影響したか松浦にミスが目立ち、勝負の行方は最終ゲームへ。第5ゲームは中盤まで接戦の展開になったが、観客の大声援の後押しを受けた松浦がここから林を突き放し、勝利。1回戦のハイライトともいえる好試合を制した関西が地元でのインターハイで劇的な勝利を収め、2回戦進出を決めた。
 もう一方の岡山代表、倉敷工業は開志国際(新潟)に2対3で惜敗。地元で力を発揮したが、勝利には至らなかった。

 初出場の聖和学園(宮城)は松商学園(長野)に3対0で勝利。一番の三浦がゲームオールの接戦を制して流れをつくると、その後も続き、2回戦進出を果たした。同じく初出場の日南学園(宮崎)は3対1で帝京安積(福島)から勝利を収めた。
 なお、現在会場で行われている2回戦には愛工大名電(愛知)や野田学園(山口)などの強豪校が登場している。

●男子学校対抗のトーナメントは下記の通りとなっています

男子学校対抗組み合わせ(PDF)

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信します。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/
今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事