1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. インターハイ
  5. 総社インターハイ最終日④ 女子シングルスは1年生の早田が頂点に立つ

総社インターハイ最終日④ 女子シングルスは1年生の早田が頂点に立つ

大会最終日は男女シングルスの決勝が行われ、女子シングルスでは国際舞台でも活躍する早田ひな(希望が丘)が1年生での優勝を果たした。2位は昨年に続き、橋本帆乃香(四天王寺)が入った。ベスト4に木村香純、梅村優香の四天王寺勢が入賞した。
 

早田ひなが1年生でシングルスの栄冠を手にした
 
早田は巧みなカット打ちで橋本を攻略
 
橋本は攻守にキレのあるプレーを見せたが、力及ばず
 
優勝候補としての重圧をはねのけて頂点をつかんだ
 

<女子シングルス決勝>
早田ひな(希望が丘) -3,7,11,6,9 橋本帆乃香(四天王寺)

 第1シードの橋本と第2シードの早田が決勝へと進出した今大会の女子シングルス。橋本は準々決勝で枝松(山陽女子)、準決勝で木村(四天王寺)と対戦したが、いずれも鉄壁のカットと甘い球を強打する厳しいプレーで破り、決勝に進んだ。対する早田は、準々決勝で笹尾(横浜隼人)、準決勝で梅村(四天王寺)を破った。準決勝はこれまで相性の良くない梅村との対戦だったが、バックハンドを中心とした攻撃で梅村のブロックを打ち抜いた。
 昨年に続いて決勝へ勝ち進み、悲願の初優勝を狙う橋本と、1年生での優勝を狙う早田の決勝は、これまでの対戦成績で分が良い早田に対して、橋本が序盤から積極的に強打を織り交ぜたプレーでリードを広げる。対する早田は、橋本の厳しいプレーの前にドライブをミスする場面が多く第1ゲームを3-11で落とした。
 続く第2ゲームは早田が橋本の強打に対応し始める。さらに粘り強いカット打ちをする中で、甘いボールはすかさずスマッシュで決めるなど、好機を逃さない確実なプレーで得点を挙げて11-7でゲームを取り返した。第3ゲームは、橋本がスタートからリードを広げて7-3とするもここから早田が追い上げを見せる。早田は9-10と先にゲームポイントを奪われたが、続くラリーで強打を決めてジュースに持ち込んだ。両者ともにハイレベルなラリー戦となったが、ここが勝負どころと見た早田が粘りのプレーでゲームを奪取。劣勢に屈しない精神力の強さでビハインドをひっくり返し、2対1とゲームをリードした。
 これで流れをつかんだ早田は第4ゲームを11-6で連取。優勝に王手をかけた第5ゲームは接戦となるも、11-9で勝利。優勝候補としてプレッシャーがかかる中で見事にトーナメントを勝ち抜き、高校の先輩である前田美優(現日本生命)が達成して以来、4年ぶりの1年生でのインターハイシングルス優勝を飾った。

■早田ひな選手のコメント
決勝はワールドツアーなどでも練習をしている相手で、すごく緊張しましたが、自分のプレーをしっかりして向かっていく気持ちを忘れずにプレーしました。決勝は第1ゲームはすごくやりづらさを感じましたが、第2ゲームからは自分の攻撃的な3球目攻撃だったり、ラリー戦で粘り強く戦え、さまざまな戦術をうまく使えたのが良かったと思います。第3ゲームを取れば流れに乗れると思っていたので、取りたいという気持ちが強かったです。決勝は特に点数を考えずにプレーしていたので、第3ゲームを3-7からばん回できたのかは自分でもよくわからないのですが、とにかく一本一本勝負する気持ちで向かっていきました。決勝でポイントになったのは、3ゲーム目の9-10でスマッシュで追い付いたあとの11-11のラリーで相手が足が崩れた場面でも動揺せずに打ちにいけたところだと思います。 第4ゲームの相手がタイムアウトを取ったときは、相手は流れを変えたいからタイムを取ったと思ったので、「ここから突き放すチャンスだ」と思って、気持ちがぶれることなくプレーできました。 初めてのインターハイは団体の初戦ですごく緊張して、ミスも多くなりましたが、今日は希望が丘のチームメートや保護者の方が応援してくださって、その気持ちに応えることができて良かったです。

■橋本帆乃香選手のコメント
何も考えずに自分の力を出そうということを考えて試合に臨みましたが、勝つことができなかったので、今はその結果を受け止めるしかないと思います。守っているだけでは格上の選手に勝てないということはわかっていたので、どんどん攻めて、自分から先手をとれるように試合をしました。(試合を振り返ると)第3ゲームを7-3から落としたのが痛かったです。そこまで押していましたが、7-3から攻めるか守るか、気持ちがぐらぐらして、結局迷って攻めなかったのが負けた原因かなと思います。リードをしていたので、このまま相手のミスを待った方がいいのかもしれないと、守りに入ってしまい、攻めきれなかったのが反省点です。早田選手は実力はありますが、緊張しているかなと感じたのですが、やっぱり強かったです。
 

梅村は順当に勝ち進んだが、準決勝で早田に敗れた
 
木村は準々決勝で山本とのラリー戦を制して初の4強入り
 

 3位には木村香純(四天王寺)と梅村優香(四天王寺)が入賞。木村は準々決勝で山本(福井商業)を0対2の劣勢から破り、昨年のベスト8からワンランクアップした。
 梅村は準決勝でこれまで相性が良かった早田と対戦したが、回転量の多いドライブを受け止めきれず敗戦。学校対抗、ダブルス、シングルスと各種目で活躍を見せたが、シングルスでの決勝進出とはならなかった。

 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成28年度全国高等学校総合体育大会:http://www.koukousoutai.com/2016soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。
 

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事