1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 宇田/張本が劣勢をはねのけて逆転勝ち

全日本卓球2017 宇田/張本が劣勢をはねのけて逆転勝ち

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子1〜3回戦、ジュニア女子2〜3回戦が行われる。男子ダブルス1回戦では宇田幸矢/張本智和(JOCエリートアカデミー)が0対2から逆転勝利を収めて2回戦へと駒を進めた。


 宇田/張本は和田航大/神京夏(愛知工業大)と対戦。第1、第2ゲームは固さの見える宇田/張本に対して和田/神が試合の主導権を握り、ゲームを連取した。後がなくなった宇田/張本だが、第3ゲームからはミスの少ない安定したプレーで流れを引き戻す。第3、第4ゲームを連取して最終ゲームへ持ち込むと、最後は連係の良さを見せて11-3で勝利。苦しい試合をものにした。


宇田(左)/張本が劣勢に立たされながらも逆転勝利
 
和田(右)/神は2対0とリードしたが、悔しい逆転負け
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事