1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 加藤、早田らが4回戦へ駒を進める

全日本卓球2017 加藤、早田らが4回戦へ駒を進める

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子1〜3回戦、ジュニア女子2〜3回戦が行われる。ジュニア女子3回戦にはシード選手が登場。優勝候補の加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)、早田ひな(希望が丘高)らが次ラウンドに進出した。


 世界卓球2017デュッセルドルフの代表にも内定している加藤は岡本彩里(富田高)と対戦。精度の高いバックハンドでストレート勝ちを収め、初戦を突破した。優勝候補の一角である早田も平田梨花(進徳女子高)に3対1で勝利。レシーブに苦しむ場面が見られたが、着実に得点を重ねて4回戦進出を決めた。このほか、第1シードの梅村優香(四天王寺高)、14歳以下カデットチャンピオンの長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)、小学6年生の木原美悠(ALL STAR)らが勝ち進んだ。


加藤は初戦ながら落ち着いたプレーで勝利
 
早田はラリーでの強さが光った
 
シャープなスイングで得点を重ねた長﨑が4回戦進出
 
木原はピッチの速いラリーで勝ち星を挙げた
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事