1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 張本らがジュニア男子4回戦に勝ち進む

全日本卓球2017 張本らがジュニア男子4回戦に勝ち進む

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。大会2日目は男子ダブルス1〜2回戦、女子ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス2〜3回戦、ジュニア男子1〜3回戦、ジュニア女子2〜3回戦が行われる。ジュニア男子3回戦では優勝候補筆頭の張本智和(JOCエリートアカデミー)らシード選手が出場した。


 世界ジュニアでの2冠達成など、多くの注目を集める張本がジュニア男子3回戦に出場した。張本は今大会初のシングルスとなったが、質の高いバックハンドドライブに加えて、フォアハンドドライブにも進境を見せた。中陣からの打ち合いを制すなど、終始ゲームの主導権を握り続ける圧巻のプレーで福原明雄(埼玉栄高)に3対0で勝利した。昨年の覇者である木造勇人(愛工大名電高)もストレート勝ちを収め、連覇に向けて好発進した。このほか、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)ら、そのほかのシード選手も順当に4回戦へと勝ち進んでいる。


終始、ゲームを支配した張本が4回戦進出
 
連覇に向けて好スタートを切った木造
 
ダイナミックなプレーが光った宇田
 
昨年ベスト8の出雲も虎視眈々と上位進出を狙う
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事