1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 森薗/加藤らが女子ダブルス3回戦へ

全日本卓球2017 森薗/加藤らが女子ダブルス3回戦へ

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。大会2日目、女子ダブルス2回戦では佐藤/橋本、森薗/加藤、浜本/長﨑ら、初出場の強豪ペアが勝ち上がった。

 

 女子ダブルスは2回戦が行われ、ワールドツアーで優勝経験もあるカットペアの佐藤/橋本(ミキハウス/四天王寺高)が両者の安定したカットでストレート勝ち。全日本では混合ダブルスのタイトルを持つ森薗(日立化成)は世界卓球デュッセルドルフ2017の選考会で優勝した加藤(吉祥寺卓球倶楽部)とペアを組み、連係のよいプレーを見せた。1回戦から出場した浜本/長﨑(JOCエリートアカデミー・大原学園/JOCエリートアカデミー)は徐々にコンビネーションの質を高め上位進出を目指す。テレビカメラの集まる早田/永道(希望が丘高)は大家/加瀬(専修大/日本大)とのゲームオールの熱戦を制して3回戦進出を決めた。また、上位進出が予想された松平/芝田(ミキハウス)は熊中/小脇(明徳義塾高)の高校生ペアに敗れて初戦敗退に終わった。

 

森薗(左)/加藤は初ペアとは思えない連係のよさ
 
ワールドツアー優勝経験もある佐藤(左)/橋本のカットペア
 
マスコミの注目が集まる早田/永道も3回戦へ
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事