1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 木造、宮本がジュニア男子の決勝へ

全日本卓球2017 木造、宮本がジュニア男子の決勝へ

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア男子準決勝は、木造勇人(愛工大名電高)と宮本春樹(愛工大名電高)が決勝進出を果たした。

 

 木造は沼村(野田学園高)と対戦。第1ゲームで9-10 とゲームポイントを握られた木造だったが、この窮地をしのいで貴重な先制点を挙げると、第2ゲームからは完全に試合のペースを握る。沼村のチキータを封じる丁寧なサービスと、ラリーになったときの強さが光り、ストレート勝ちを収めた。対する沼村は「第1ゲームをとって流れをつかみたかった」と試合後に話したとおり、先制点を奪えなかったことが最後まで響いて勝利をつかむことはできなかった。

 宮本は高見(愛工大名電高)との同士打ちを制して初の決勝進出。ラリー戦では高見に分があり、宮本は2ゲームを連取される厳しい戦いとなったが、第3ゲーム以降は卓球台に近い位置で、高見のドライブをカウンターで決めるなど、昨日の張本との対戦に続いて、好プレーを連発。2対2で迎えた最終ゲームは10-9から追いつかれたものの、高見を振り切って決勝へと駒を進めた。
 

木造は2連覇を狙って決勝に挑む
 
沼村は第1ゲームを落としたことが最後まで響いた
 
宮本は0対2から逆転勝ちで初の決勝進出
 
高見は2ゲームを先制するも押し切ることができず
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事