1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 笹尾、長﨑がジュニア女子の決勝に進出

全日本卓球2017 笹尾、長﨑がジュニア女子の決勝に進出

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。ジュニア女子準決勝は、笹尾明日香(横浜隼人高)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー)が勝利を収めて決勝進出を果たした。

 

 笹尾は加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)と対戦。第1ゲームは加藤の多彩なレシーブに崩される展開が続いて先制点を奪われたが、第2ゲームからはレシーブにきっちりと対応。第2ゲームからは我慢強くラリーを続ける形で粘り勝ち。優勝候補の加藤を相手に素晴らしい戦いを見せて、金星を挙げた。一方の加藤は幸先よく1ゲームを奪ったが、第2ゲームの9-9でフォアハンドを2連続ミスしてゲームを落とすと、第3ゲーム以降は流れを呼び戻せず、2014年以来2度目の優勝にはわずかに届かなかった。

 長﨑は優勝候補筆頭の早田ひな(希望が丘高)に3対1で勝利。長﨑は第1ゲームをジュースの末に落としたが、第2ゲーム以降は、バック対バックの展開でラリーの主導権を握った。早田のフォアサイドへの揺さぶりに対してもきっちりと対応するなど、早田が得意とするフォアハンドドライブに持ち込ませない徹底下戦いでサウスポー対決を制した。女子シングルス4回戦では敗戦を喫したが、そのときの反省を生かしてサービス・レシーブを修正するなど、高い対応力を見せた長﨑。決勝での戦いにも注目が集まる。一方の早田は、得意のフォアハンドの展開に持ち込むことができず、念願のジュニア初優勝とはならなかった。
 

長﨑が早田を破る金星を挙げた
 
長﨑はバックハンドドライブが光った
 
早田は長﨑の前に敗戦
 
笹尾は加藤を破り、初の決勝進出
 
加藤はドライブのミスが響き決勝進出を逃した
 

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

\この記事をシェアする/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事