1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 水谷/吉田らが男子ダブルスの準決勝に進出

全日本卓球2017 水谷/吉田らが男子ダブルスの準決勝に進出

卓球日本一をかけて平成28年度全日本選手権大会が1月16〜22日まで東京体育館で開催されている。男子ダブルスは準々決勝が行われ、前年度王者の水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大)らが準決勝進出を果たした。

 

 男子ダブルスは連覇を狙う水谷/吉田が盤石のプレーで4強進出を果たした。水谷/吉田は準々決勝で森薗/渡辺(明治大)と対戦し、3対0で勝利。球際での強さを発揮してラリー戦をことごとく制した。
 木造/松山(愛工大名電高)は宇田/張本に0対2の劣勢から逆転勝利で準決勝に進出。両ペアともに一歩も引かない展開となったが、最後は高校生チャンピオンペアが好プレーを見せてベスト4への切符を手にした。

 

水谷(左)/吉田は相手を寄せ付けないプレーでベストに進出
 
木造(左)/松山は劣勢をはねのけて逆転勝利を収めた
 

<男子ダブルス準々決勝>
水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大) 3-0 森薗/渡辺(明治大)
丹羽/酒井(明治大) 3-2 張/高木和(東京アート)
木造/松山(愛工大名電高) 3-2 宇田/張本(JOCエリートアカデミー)
藤村/吉村(愛知工業大) 3-2 松生/鹿屋(リコー)

詳しい情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
全日本卓球(特設サイト):http://japantabletennis.com/zennihon2017

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事