1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  5. 全日本卓球2017 男女ダブルス5回戦〜準々決勝 〜元王者が全日本を語る「渋谷浩の眼」〜

全日本卓球2017 男女ダブルス5回戦〜準々決勝 〜元王者が全日本を語る「渋谷浩の眼」〜

大会5日目を迎えた平成28年度全日本選手権大会(一般・ジュニアの部)。ベスト4が出そろった男女ダブルス5回戦〜準々決勝の戦いについて、平成11年度全日本チャンピオンの渋谷浩が大会を振り返った。

<男子ダブルス>
  男子ダブルスは水谷/吉田(beacon.LAB/愛知工業大)が優勝候補の本命ですね。パートナーの打ちやすい位置にボールを送るなど、試合の組み立てがうまく王者の風格を見せていますね。そのチャンピオンペアと対戦する丹羽/酒井(明治大)は何をやるか読めないペアですね。個人技で互いをサポートできるので、厳しいところに返球されてもどうにか巻き返すことができます。2人だからこそできるプレーなので、明日の戦いにも注目ですね。藤村/吉村(愛知工業大)は藤村の粘りのプレーと吉村のチキータと爆発的なドライブの組み合わせがいいです。また木造/松山(愛工大名電高)は準々決勝で劣勢に立たされましたが、最後は思い切ったプレーができていましたね。本来の切れ味、打球点の攻撃ができていました。敗れた宇田/張本(JOCエリートアカデミー)は大健闘といえるでしょう。今大会は相手の強打に対してカウンターブロックで決めるというのが見られてその点が良かったです。


<女子ダブルス>
  女子ダブルスはどのペアも優勝の可能性がある本命なき混戦ですが、女子ダブルスの 優勝経験がある若宮のいる若宮/森(日本生命)が1歩リードしているでしょう か。若宮の早い打球点からワイドに放たれるボールで森もプレーしやすいのではない でしょうか。宋/土田(中国電力)は、宋がプレーが丁寧で相変わらずダブルスが うまいと感じました。ただ、どのペアにも決定的な差はないので、試合をやってみな ければ分からないというのが本当のところです。

 

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事