1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 世界卓球2017デュッセルドルフ4日目⑦ 吉村/石川が混合ダブルスでメダルを獲得!

世界卓球2017デュッセルドルフ4日目⑦ 吉村/石川が混合ダブルスでメダルを獲得!

混合ダブルス準々決勝に日本の吉村/石川、田添/前田が臨み、吉村/石川が韓国ペアに勝利して準決勝に進出。銅メダル以上を確定させた。
 

吉村(右)/石川が韓国ペアに快勝でメダルを獲得!

田添(右)/前田は準決勝進出とはならなかった

方博(右)/P.ゾルヤは準決勝で日本ペアと対戦

黄鎮廷/杜凱琹はラリー戦で強さを見せて田添/前田に勝利


<混合ダブルス準々決勝>

吉村/石川 11,3,5,-8,6 李尚洙/梁夏銀(韓国)

方博/P.ゾルヤ(中国/ドイツ) 11,5,-9,8,10 K.カールソン/エックホルム

陳建安/鄭怡静(中華台北) 8,7,6,6 ロブレス/ドボラク

黄鎮廷/杜凱琹(香港) 8,-8,-12,-9,7,-9 田添/前田

 

吉村/石川は李尚洙/梁夏銀(韓国)と対戦。第1ゲームは接戦となるが、勝負どころで日本ペアが大きなラリー戦を制して13-11で先制。続く第2ゲームは日本ペアが終始厳しいサービス・レシーブで韓国ペアをリード。相手に主導権を渡さない丁寧なプレーが光り、11-3でゲームを連取した。第3ゲームはラリーの中から吉村が鋭いフォアハンドドライブを決めるなど、日本ペアが攻撃力の高さを見せて11-5でゲームを奪った。日本ペアは第4ゲームこそ韓国ペアに奪われたが、続く第5ゲームでは厳しい台上プレーでゲームの流れをつかみ、ゲームカウント4対1で勝利。銅メダル以上を確定させた。

田添/前田は黄鎮廷/杜凱琹(香港)と対戦。第1ゲームは4-8と大きく離されたものの、ラリー戦で、田添が中陣からドライブ、前田が前陣で相手の攻撃を防ぐ形がはまって11-8で先制点を挙げた。これで勢いに乗りたい日本ペアだが、第2ゲームは8-4とリードしたところから逆転されてゲームを落とした。続く第3ゲームは終盤まで接戦が続くが、チキータからラリー戦に持ち込み、打ち合いの中で得点する香港ペアに競り負け、12-14でこのゲームを落とした。第4ゲームは終盤までリードする展開が続いたが、競ったところでのラリー戦で、黄鎮廷の強烈なドライブを止めることができずに3ゲームを連取された。第5ゲームは日本ペアが意地を見せて取り返したが、第6ゲームは香港ペアに押し切られ、敗戦。惜しくもメダル獲得とはならなかった。
このほか、方博/P.ゾルヤ(中国/ドイツ)、陳建安/鄭怡静(中華台北)がベスト4に進出。なお、明日の準決勝で吉村/石川は方博/P.ゾルヤと対戦する。


今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事