1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 元日本代表が世界卓球を語る「梅村礼の眼」⑧

元日本代表が世界卓球を語る「梅村礼の眼」⑧

世界卓球2017デュッセルドルフでは、全日本チャンピオンの座に2度輝き、日本代表としても活躍した梅村礼がその鋭い目で見た世界卓球を語る。ここでは、男子シングルス3回戦、女子シングルス準々決勝の話を聞いた。


ayazo.jpg<男子シングルス3回戦>
張本 7,10,8,10 廖振珽(中華台北)

張本選手にとってあまり分が良くない対戦でしたが、1本1本集中して戦っていました。昨日、水谷選手に勝って安心してしまうとよくないと思っていたのですが、今日も攻めの姿勢が出ていたのでその点はさすがだと思いました。
試合を振り返ると、1球1球の質が高く、ブロックやカウンターをするときにただ当てるのではなく、振り切るように打球していました。ラケットに当てるだけのボールだと、入ったかどうかを確認するため、次の動作が遅れやすいというデメリットがありますがその確認がないため、次の動きにスムーズに入れていました。また、このように振り切ることで、ミスをしたときになぜ自分がミスをしたかということがわかりやすいというメリットもあります。
張本選手がこの試合で特に良かったのがバックハンドドライブでバックストレートを突いたプレーです。張本選手のボールは非常に速くて相手からすると、ストレートに振られると厳しい展開にならざるを得ないです。
次はピステイ選手(スロバキア)との対戦ですが、ノーマークのところから勝ち上がってきた選手なので張本選手が自分の力を発揮することに専念できれば勝つことができるでしょう。

<女子シングルス準々決勝>
平野 5,2,16,5 馮天薇(シンガポール)

今日の試合では、平野選手が馮天薇選手と別次元の卓球をしていました。バック対バックでは、両者ともにミスはありませんでしたが、平野選手のほうが中陣、後陣でも振り抜くことができる分、馮天薇選手を上回りました。平野選手は以前までは台から下げられたときに盛り返すことができなったのですが、後ろに下がっても盛り返せるようなラリーをしていて、この1年で進化したなと感じました。
馮天薇選手にラリーでリズムを崩されたときにずるずるいかなければと思っていたのですが、そういった心配もなく、自分のタイミングでプレーすることができていました。前陣での打ち合いも平野選手が勝っていました。世代交代の波が来ているのかなと感じる試合でした。
準決勝ではアジア選手権大会に続いて丁寧(中国)との対戦になりますが、ここまで来たら相手は誰でも同じです。後は思い切りやるだけだと思います。準決勝が楽しみですね。
 


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事