1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 世界卓球
  4. 2017デュッセルドルフ
  5. 元日本代表が世界卓球を語る「梅村礼の眼」⑪

元日本代表が世界卓球を語る「梅村礼の眼」⑪

世界卓球2017デュッセルドルフでは、全日本チャンピオンの座に2度輝き、日本代表としても活躍した梅村礼がその鋭い目で見た世界卓球を語る。ここでは、女子シングルス決勝の話を聞いた。


ayazo.jpg<女子シングルス決勝>
丁寧(中国) 4,-9,-4,10,6,7 朱雨玲(中国)

丁寧選手は連覇のプレッシャーなどさまざまな精神面での負担があったと思いますが、平野選手にアジア選手権大会で敗れてから、この大会にかける意気込みは選手の中でも人一倍強かったのではないでしょうか。台から下がるとラリーに対応できなくなるのが分かっているため、前でプレーしていました。
お互いがバック対バックを中心に前陣で意地を張り合うような展開になりました。朱雨玲選手は以前まではもっと台から距離をとって両ハンドのドライブで引き合うケースが多かったのですが、今日は前陣でプレーしているのが印象的でした。これは違う見方をすると、中国選手が日本選手対策をしてきて、全員が早い打球点で対応することを目標にして練習したからこそ、どんどん卓球台の近くでプレーするようになっていったのではないかと思います。
朱雨玲選手は速さで丁寧選手に負けていませんでしたし、丁寧選手を振り回すようなボールも多かったです。今までは安定感に欠ける部分がありましたが、今は前陣でも中陣でも相手のボールに対応できるようになっていて、中国のトップの一角に入って、この先日本の強烈なライバルになると思います。
しかし、最後はサービスから3球目攻撃で丁寧選手が上回りました。絶対に勝つという強い気持ちがあったように見えました。
女子シングルスの決勝を見て、日本選手が中国選手を刺激した部分があると感じました。日本が中国にマークされるくらい強くなってきています。この先、絶対に破っていかないといけないのが中国選手です。常に中国を倒すという目標の中で、進化していなければいけません。そうした循環ができることは日本女子チームにとっていいことですし、このあとも良い方向に向かっていくと思います。
 


大会の速報はツイッターでも配信中! ツイッターアカウントをお持ちの方はぜひフォローを!
http://www.twitter.com/takurepo/
 

今大会の模様は卓球レポート7月号(6月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
世界卓球2017デュッセルドルフ/公式サイト(英語):http://www.wttc2017.com/en.html
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2017デュッセルドルフ(英語):
http://www.ittf.com/tournament/2705/world-table-tennis-championships/

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事