1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会7日目② 〜女子単、8強は順当に出そろう〜

第13回全中国運動会7日目② 〜女子単、8強は順当に出そろう〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会7日目、女子シングルスの2回戦が行われ、ベスト8が決まった。

■女子シングルス2回戦
丁寧(北京) 8,7,2,6 文佳(遼寧)
孫穎莎(河北) 8,2,5,7 張瑞(湖北)
王曼昱(黒竜江) 11,-9,9,9,6 商圓圓(安徽)
朱雨玲(四川) 9,2,1,-9,5 李暁丹(山西)
劉詩雯(広東) 9,-9,3,8,-11,7 劉高陽(山東)
武楊(山西) -9,3,5,5,9 李佳イ(遼寧)
王芸迪(雲南) 7,6,-9,-12,6,5 何卓佳(河北)
陳夢(山東) 3,8,7,5 車暁曦(黒竜江)
 

女子シングルス2回戦は概ね格上が勝ち上がったと言っていいだろう。丁寧、劉詩雯、朱雨玲、陳夢、武楊の中国を代表するトップクラスの5名は危なげなく8強入り。残りの3名は若手の王曼昱、孫穎莎、王芸迪が入った。王曼昱はペンツブ高の商圓圓に苦戦しながらもしっかり勝ちきり、王芸迪は異質型の何卓佳と激しいバック対バックの打ち合いからフォアで決める展開で勝利を収めた。
準々決勝以降、若手がどれだけ先輩たちを脅かせるのか。あるいはまだまだトップは不動なのか。これからの数年を占う意味がある全中国だけに、明日からの試合にはさらに期待が高まる。
 


 

劉詩雯は劉高陽のカウンターに手を焼いたが勝負どころを押さえて8強

王曼昱はペンツブ高の商圓圓を集中して攻略
 
孫穎莎は勢いのある両ハンド連打で張瑞にストレート勝ち
 
王芸迪は今大会、最も存在感を示している若手の1人だ
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事