1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. 全中国運動大会
  5. 第13回全中国運動会7日目③ 〜男子単、張継科が2回戦敗退〜

第13回全中国運動会7日目③ 〜男子単、張継科が2回戦敗退〜

8月28日〜9月6日まで、武清体育センター(武清)にて第13回全中国運動会が開催されている。大会7日目、女子シングルスに続いて、男子シングルスの2回戦が行われベスト8が決まった。

■男子シングルス2回戦
馬龍(北京) 2,7,9,9 張超(広東)
馬特(天津) 6,7,9,8 劉丁碩(山東)
王楚欽(北京) 7,-8,6,4,-8,-11,11 程靖淇(河北)
周愷(解放軍) 10,8,9,-7,-11,12 張継科(山東)
許昕(上海) 3,9,-7,6,-5,5 周啓豪(広東)
郝帥(天津) 10,-9,-9,10,12,11 方博(山東)
夏易正(河南) 5-、-7,8,9,5,4 閻安(北京)
樊振東(解放軍) 5,6,8,8 劉吉康(遼寧)
 

第4シードの張継科が周愷に敗れた。張継科ガールが観客席を埋め尽くす異様な雰囲気の中、周愷は空気に飲まれずに集中してプレー。第1ゲーム7-10とリードを許し流れは張継科かに思われたが、ここからバック対バックで打ち負けない周愷が逆転。取れるゲームは取っておきたい張継科にとっては手痛い失点スタートとなった。点差は開かないものの要所で攻撃力の優る周愷が3ゲームを連取。張継科は決定的な打開策はないながらも勝ちにこだわる集中したプレーで2ゲームを返す。第6ゲームでは11-10と周愷のマッチポイントで、ラリーから張継科のフォアハンドドライブでボールがラケットの角に当たり場外に。ガッツポーズで勝利をアピールした周愷だが、ボールが割れたためにラリーは無効に。くしくもマッチポイントをしのいだ張継科だが、守勢に回る張継科が周愷の攻撃をしのぎきれず2回戦敗退に。念願の全中国のシングルスタイトルには手が届かなかった。

この他、馬龍、樊振東は危なげなくストレート勝ち。許昕は肩の痛みでゲームを中断しながらも、気迫の豪打で周啓豪を退けて8強入り。地元・天津の郝帥は会場の応援を背に、これまで7ゲームスマッチでは勝ったことがないという方博に競り勝った。若手のホープ・王楚欽は最終ゲームで先に程靖淇にマッチポイントを握られたが、守りに入った程靖淇を攻めきって逆転勝ちを収めた。前大会でも王皓に3対0とリードしたところから逆転負けを喫した程靖淇。8強入りのチャンスをまたも逃した。
 


 

張継科、劣勢からも粘り強く戦ったが2回戦敗退

周愷は会場の異様な空気に飲まれずに自分のプレー
 
敗れた張継科は静かに会場を去った
 
王楚欽は程靖淇に逆転勝ちで初の8強入り
 
天津の監督、馬文革が郝帥に檄を飛ばした
 
許昕のベンチは王励勤。肩を治療しながらも周啓豪を豪打で押さえた
 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月6日までお届けします!

 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第13届運動会(記録ページ):http://results.tianjin2017.gov.cn:81/

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。
 
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事