1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 平成30年度
  5. 全日本卓球2019 張本美和が女子シングルス1回戦を突破 男女ダブルスは実力者ペアが順当勝ち

全日本卓球2019 張本美和が女子シングルス1回戦を突破 男女ダブルスは実力者ペアが順当勝ち

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催されている平成30年度全日本選手権大会。2日目は女子シングルスの1回戦が行われ、張本美和(木下グループ)が1回戦を突破した。

試合毎に強さが増している張本


 昨日は混合ダブルスとジュニア女子で勝ち残り、初日のMVPともいえる活躍を見せた小学4年生の張本美和(木下グループ)。2日目の今日もその勢いは止まらなかった。
 混合ダブルスこそ3回戦で敗れたが、張本はお昼すぎから行われたジュニア女子3回戦でゲームオールジュースの大接戦を制すと、その後に行われた女子シングルスで藤原(奈良女子高)に勝利。見事に初戦を突破した。
「(ここまでのプレー内容は)自分が思っているよりも超えていると思う。メンタルが強くなったと思います」と本人が語るように、昨日今日と大舞台で多くの試合を経験したことで、試合前の立ち居振る舞いやプレー間の仕草など、張本のたくましさが急に増したような印象を受ける。
 小学4年生にこれ以上を望むのは欲張りだと承知しているが、張本の明日のさらなる活躍を期待したい。

松平(左)と田添のケンタケンタペアは順調な滑り出し

吉村(右)/坪井は上位進出を目指す

鈴木(左)のテクニックと安藤の速攻が噛み合えばメダルも射程圏内

インターハイ3位の大島(右)/野村は接戦を物にして3回戦進出

 男女ダブルスは2回戦までが行われ、実力者ペアが順当に勝ち上がった。
 男子ダブルス2回戦には松平/田添(木下グループ)が登場。Tリーグで活躍する二人は、ミスの少ないさすがのプレーで髙橋/福本(関西学院大/関西大)の挑戦を退け、3回戦に進出した。
 混合ダブルスでは敗れてしまった吉村真晴(名古屋ダイハツ)は坪井(筑波大)で組む男子ダブルスで気持ちを立て直し、上位進出を目指す。
 そのほか、出雲/沼村(明治大)、松山/高見(愛知工業大)らが順当に3回戦に勝ち進んだ。

 女子ダブルスも2回戦までが行われ、鈴木/安藤(日立化成/専修大)や大島/野村(愛知みずほ大瑞穂高)、平/牛嶋(日立化成)ら実力のあるペアが順当に3回戦へと駒を進めている。


(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事