1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. その他の国際大会
  5. T2ダイヤモンド 第1戦 結果

T2ダイヤモンド 第1戦 結果

T2ダイヤモンド第1戦が7月18〜21日にマレーシアのジョホールバルで行われた。男子は林昀儒(中華台北)が馬龍、樊振東と2人の中国選手に勝って優勝を果たした。女子は朱雨玲(中国)が優勝。加藤美優(日本ペイントホールディングス)は世界ランキング1位の陳夢(中国)を破る金星を挙げた。
※T2ダイヤモンドの競技ルールはこちら

男子優勝 林昀儒(中華台北)
女子優勝 朱雨玲(中国)

男子
▼1回戦
馬龍(中国)11-7,11-9,11-4,6-11,5-0 ゴズィー(フランス)
林昀儒(中華台北)11-9,11-10,11-7,11-8 水谷隼(日本)
フランジスカ(ドイツ)11-10,4-11,11-8,7-11,5-1,5-3 梁靖崑(中国)
黄鎮廷(香港)11-9,6-11,11-10,11-5,2-5,5-3 張本智和(日本)
許昕(中国)11-5,11-8,11-7,11-9 オフチャロフ(ドイツ)
ファルク(スウェーデン)11-8,11-8,11-10,10-11,2-5,5-3 丹羽孝希(日本)
樊振東(中国)11-8,11-10,11-6,5-2 カルデラーノ(ブラジル)
林高遠(中国)7-11,11-7,11-5,11-7,5-4 王楚欽(中国)
▼準々決勝
林昀儒(中華台北)8-11,11-2,4-11,11-8,5-3,5-4 馬龍(中国)
黄鎮廷(香港)11-9,11-10,10-11,11-2,5-3 フランジスカ(ドイツ)
許昕(中国)11-6,11-6,10-11,11-3,5-1 ファルク(スウェーデン)
樊振東(中国)11-8,11-6,11-5,11-8 林高遠(中国)
▼準決勝
林昀儒(中華台北)11-9,11-6,11-8,11-7 黄鎮廷(香港)
樊振東(中国)11-6,11-5,11-5,11-8 許昕(中国)
▼3位決定戦
許昕(中国)6-11,11-6,11-3,7-11,11-8,5-2 黄鎮廷(香港)
▼決勝
林昀儒(中華台北)11-7,11-4,8-11,11-5,5-0 樊振東(中国)

女子
▼1回戦
王曼昱(中国)11-10,11-7,11-3,11-5 ポルカノバ(オーストリア)
ハン・イン(ドイツ)11-8,11-9,9-11,5-2,5-2 鄭怡静(中華台北)
馮天薇(シンガポール)8-11,9-11,11-10,5-4,5-3,5-4 平野美宇(日本)
丁寧(中国)5-11,11-4,11-7,11-2,5-2 スッチ(ルーマニア)
朱雨玲(中国)11-6,11-7,11-0,7-11,11-8 石川佳純(日本)
孫穎莎(中国)11-6,11-8,11-3,11-5 陳思羽(中華台北)
加藤美優(日本)4-11,11-4,11-10,11-4,1-5,1-5,5-4 伊藤美誠(日本)
陳夢(中国)11-5,11-10,7-11,11-2,1-5,5-3 杜凱琹(香港)
▼準々決勝
王曼昱(中国)11-7,11-6,11-6,11-10 ハン・イン(ドイツ)
丁寧(中国)11-9,11-5,10-11,11-9,5-4 馮天薇(シンガポール)
朱雨玲(中国)11-6,11-5,11-6,11-8 孫穎莎(中国)
加藤美優(日本)11-4,11-9,4-11,11-6,2-5,5-4 陳夢(中国)
▼準決勝
王曼昱(中国)8-11,11-6,3-11,11-7,4-5,5-2,5-2 丁寧(中国)
朱雨玲(中国)11-6,11-3,11-7,11-6 加藤美優(日本)
▼3位決定戦
丁寧(中国)11-3,11-6,11-9,11-6 加藤美優(日本)
▼決勝
朱雨玲(中国)11-9,11-6,7-11,11-7,5-2 王曼昱(中国)

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事