1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. ジャパントップ12 〜男子は、張本智和が地元・仙台で2連覇!〜

ジャパントップ12 
〜男子は、張本智和が地元・仙台で2連覇!〜

12月21日〜22日にかけて、LIONカップ 第24回ジャパントップ12が宮城県のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で開催。
最終日の今日は男子ファイナルステージが行われ、すでに2020年世界選手権釜山大会(団体)の日本代表に内定していた張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)に、昨日の最終選考で1位の森薗政崇(BOBSON)、2位の神巧也(T.T彩たま)を加えた計4名で優勝賞金300万円を賭けて争い、張本智和が昨年に続いて連覇を果たした。

■優勝 張本智和(木下グループ)

気迫全開でオールストレート勝ち!

本人が勝因に挙げたフォアハンドドライブ。さらに速くなっている

地元・仙台の応援団が張本を強力にサポート

 男子ファイナルステージは、張本智和(木下グループ)が圧巻の強さで優勝をさらった。
 年内の国際大会やオリンピックレースが一段落し、集中力が落ちてもおかしくない中、「少しでも気持ちがゆるんだ状態で臨むなら出る意味がないと思った」という張本は、初戦(準決勝)の神巧也(T.T彩たま)戦からエンジン全開のプレーを披露する。フォアミドル前へのサービスと、チキータからの展開で神に吠える隙を与えず圧倒し、ストレート勝利。あっという間に決勝進出を決めた。

 丹羽孝希(スヴェンソン)との決勝でも、張本の集中力はいささかも緩まなかった。得意のストレートへのバックハンドドライブと威力がさらに増したフォアハンドドライブで1ゲームをあっという間に先取。2ゲーム目は丹羽の反撃にあって3対8とリードを許すが、ここを逆転してからは張本の独壇場になった。スピードスター・丹羽よりさらに早い打球点の両ハンドで終始ペースを握り、第3、第4ゲームも連取してストレート勝利。地元・仙台で1ゲームも落とさない完封勝利で、昨年に続き、ジャパントップ12連覇を果たした。 
 
■張本智和のコメント
「今年の後半は調子がよくなってきたので、結果には満足してます。(一番強くなったのは)やはりフォアハンドですね。今日はまだ物足りないところがありましたが、最近はよくなってきていると思います。丹羽選手とは今年4回目の対戦で、毎回どうなるかわからないので、入念に準備はしましたが、2ゲーム目の3対8から逆転できてからは、自分の心に余裕を持ってプレーできていたのでよかったと思います。
 グランドファイナルから1日も休まず、練習していないと勝てないと思ったので、昨日今日は少し疲れがありましたけど、なんとか自分の持っている技術で優勝することができました。
 準決勝の1球目から仙台ジュニアクラブの後輩たちや他のお客さんも声を出してくれて、一気にプレッシャーが減ったので、本当にここでプレーできてありがたいと思ったし、優勝できてほっとしています。2020年に向けてこの仙台からスタートできたというのは本当にうれしいです。
 世界ランキングも上がって、中国選手以外は全員格下という厳しい立場で、今年の前半はそれに慣れることができなくて負けては落ち込むの繰り返しでしたが、格下に負けないだけの実力を少しずつつけてきて、10月以降は完璧ではないですけど、それを減らすことができたので、今日も2試合しかありませんでしたが、しっかり勝ち切れたのは来年に向けてよかったと思います。
 厳しい練習の中でメンタルも少しずつ鍛えられたと思いますし、練習を毎日投げ出さず最後までやり切ることが地道に積み重なってよくなっていったのかなと思います」

■2位 丹羽孝希(スヴェンソン)

実力通りに決勝へ進むも、張本には防戦一方になってしまった

 丹羽孝希(スヴェンソン)は、初戦(準決勝)で、昨日の最終選考会を制した森薗政崇(BOBSON)と対戦。互いがカウンターを狙い合うスリリングな試合展開になったが、丹羽はストレートをうまくついて森薗をゲームカウント4対2で退け、張本が待つ決勝へ進出。これまでの張本との試合はハイレベルなクロスゲームになることが多く、好勝負が期待されたが、「今日が一番強かった」と丹羽が敗戦後、脱帽した通り、張本に終始先手を取られて台から下げられる苦しい展開が続き、無念のストレート負けを喫してしまった。

■丹羽孝希のコメント
「準優勝ですけど、今日はまだ2試合しかしていないので、自分の調子もわからないまま終わってしまったかなという感じですが、2位はうれしいです。
 張本選手とは今年4度目の対戦でしたが、今日の対戦が一番強かったですね。凡ミスが少なくて、なかなか点が取れなかった。
(オリンピックレースを終えて)気持ち的にはリラックスして試合をすることができましたが、今日の決勝は張本選手が強すぎました。
 1ゲーム目は11対4で負けて、その時点でいつもより強いなと思って、2ゲーム目は8対3で勝っていて、このゲームを取ることができればもう少し粘ることができたと思いますが、そのゲームを11対9で落としてからは厳しいなと思いました」

■3位 神巧也(T.T彩たま)

シャウトが持ち味の神だが、張本に黙らされてしまった

 昨日の大逆転負けの影響を感じさせず、「ベストを尽くします」と元気にコートに出て行った神巧也(T.T彩たま)だったが、張本が強すぎた。サービス・レシーブで常に先手を取られる展開が続き、勝機を見出せなかった。

■3位 森薗政崇(BOBSON)

集中したプレーを見せたが、丹羽越えならず

 昨日の最終選考会で、自らの手で日本代表の座を勝ち取った森薗政崇(BOBSON)は、丹羽に挑戦。高い集中力でカウンターを随所で決め、会場を沸かせたが、丹羽のストレート攻撃の手数の多さにあと一歩及ばなかった。

(文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘)

卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。 詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。

日本卓球協会大会HP:http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/581/Default.aspx
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事