1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜女子シングルスの行方〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜女子シングルスの行方〜

 いよいよ令和最初の全日本、2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13日より丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 卓球レポートでは大会に先駆けて、元全日本王者の渋谷浩が、組み合わせを参考に女子シングルスの見どころを解説する。

頭一つ抜けた伊藤美誠
優勝候補も限られている

 女子シングルスは、伊藤美誠(スターツ)が実力で頭一つ抜け出ていますね。彼女に対抗し得るのが、同世代のライバル平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)、そして、4回の優勝経験を持つ石川佳純(全農)、この4人の名前は外せません。この4人に関しては、波乱は起きにくいでしょう。優勝の可能性だけを考えると、挙げられる選手の数はかなり限られてきますが、彼女たちに挑む選手たちの戦いぶりにも注目したいですね。
 若手では長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)に注目しています。この1年で最も成長した選手と言える彼女が上位陣にどこまで通用するのか見てみたいですね。昨年2位と躍進した木原美悠(JOCエリートアカデミー)も着実にレベルアップを遂げてきています。
 ここからはブロックごとの組み合わせを見てみましょう。

【第1ブロック】

 やはり、このブロックは伊藤美誠が断トツで強いということに異論はないでしょう。ただ、弱点とは言えないまでも、あらゆる戦型に強い伊藤が苦戦する可能性があるのが、伊藤と同じような異質攻守型です。このブロックには前田美優(日本生命)、木村光歩(中国電力)、塩見真希(ミキハウス)、小道野結(デンソー)、安藤みなみ(十六銀行)ら、強い異質型の選手がそろっているので、伊藤は序盤から気が抜けない戦いになるでしょう。

【第2ブロック】

 このブロックは順当に佐藤瞳(ミキハウス)と早田ひなが勝ち上がる可能性が高そうです。ただ、佐藤は球威のある長﨑美柚が勝ち上がってきたら苦戦を強いられるかもしれません。また、早田にとっては異質型のサウスポー梅村優香(中央大)は決して戦いやすい相手ではないでしょう。長﨑は初戦で宋恵佳(中国電力)と当たる可能性がありますが、宋は長﨑が普段対戦する機会が少ないペンホルダーの選手なので、勝つためには十分な対策が必要となるでしょう。1回戦から出場する近藤早紀(旧姓田代、日立化成)はダークホース的な存在と言えますね。

【第3ブロック】

 このブロックは石川佳純が頭一つ抜け出ていますが、初戦で同級生の森薗美咲(TOP名古屋)に当たる可能性が高いですね。実力差はありますが、手の内を知られているだけに簡単には勝てないかもしれません。私が注目しているのはインターハイチャンピオンの出雲美空(遊学館高)です。異質型のいやらしさに加え、相手のペースを崩すのがうまい選手なので、対戦相手はやりにくいと感じると思います。

【第4ブロック】

 ここは平野美宇を加藤美優(日本ペイントホールディングス)、橋本帆乃香(ミキハウス)、木原美悠らスーパーシードの選手が追いかける図式になるでしょうか。加藤と森田彩音(中央大)が当たると、面白い試合になりそうですね。両者とも同じタイプの戦型で、森田は昨年の中盤からTリーグでも大学の試合でも活躍して実力をつけてきています。昨年2位の木原と、昨年はあまり活躍できませんでしたが高いポテンシャルを持つ大藤沙月(ミキハウスJSC)が同じブロックにいるので、この2人の中学生にも注目しています。

(まとめ=佐藤孝弘)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事