1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国際大会
  4. ワールドツアー
  5. ワールドツアーランキング(ドイツオープン終了時点)

ワールドツアーランキング(ドイツオープン終了時点)

男子シングルス
1 許昕(中国)
2 馬龍(中国)
3 林高遠(中国)
3 オフチャロフ(ドイツ)
5 趙勝敏(韓国)
5 樊振東(中国)
5 水谷隼(木下グループ)
5 趙子豪(中国)
9 ボル(ドイツ)
9 荘智淵(中華台北)
9 デュダ(ドイツ)
9 ゴズィー(フランス)
9 林昀儒(中華台北)
9 丹羽孝希(スヴェンソン)
9 及川瑞基(専修大学)
9 徐晨皓(中国)
17 安宰賢(韓国)
17 アルナ(ナイジェリア)
17 ファルク(スウェーデン)
17 フランチスカ(ドイツ)
17 ガシナ(クロアチア)
17 張本智和(木下グループ)
17 張禹珍(韓国)
17 鄭榮植(韓国)
17 ジャア(アメリカ)
17 ヨルジッチ(スロベニア)
17 李尚洙(韓国)
17 梁靖崑(中国)
17 林鐘勳(韓国)
17 チウ・ダン(ドイツ)
17 戸上隼輔(野田学園高校)
17 ワン・ヤン(スロバキア)
以下省略

女子シングルス
1 陳夢(中国)
2 丁寧(中国)
3 王曼昱(中国)
3 朱雨玲(中国)
5 伊藤美誠(スターツ)
5 劉詩雯(中国)
5 孫穎莎(中国)
5 王芸迪(中国)
9 橋本帆乃香(ミキハウス)
9 早田ひな(日本生命)

9 何卓佳(中国)
9 石川佳純(全農)
9 銭天一(中国)
9 芝田沙季(ミキハウス)
9 P.ゾルヤ(ドイツ)
9 張瑞(中国)
17 陳思羽(中華台北)
17 陳幸同(中国)
17 鄭怡静(中華台北)
17 崔孝珠(韓国)
17 杜凱琹(香港)
17 馮天薇(シンガポール)
17 顧玉婷(中国)
17 ハン・イン(ドイツ)

17 平野美宇(日本生命)
17 ミハイロワ(ロシア)
17 ポルカノバ(オーストリア)
17 シャン・シャオナ(ドイツ)
17 徐孝元(韓国)
17 タカハシ(ブラジル)
17 ヤン・シャオシン(モナコ)
17 ツォン・ジェン(シンガポール)
以下省略

ワールドツアーの各大会で上位に勝ち上がった選手にはランキングポイントが与えられる。そのランキングポイントから算出されるのがワールドツアーランキング(スタンディング)だ。
ワールドツアーランキングと世界ランキングは別物であり、世界ランキングに関わる大会が世界選手権大会や大陸選手権大会、競技大会、そしてワールドツアーなど多岐にわたるのに対して、ワールドツアーランキングに関わる大会はワールドツアーのみだ。
なお、年間を通して最終的にワールドツアーランキング上位となり、出場試合数などの条件を満たした選手が、グランドファイナルに出場することになる。

Recommendおすすめ記事

■大会の新着記事

■大会のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■大会の人気記事