1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 令和元年度
  5. 水谷隼、全日本決勝を語る③【第3ゲーム】

水谷隼、全日本決勝を語る③【第3ゲーム】

 史上稀に見る激戦になった男子シングルス決勝宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)対張本智和(木下グループ)の攻防を、水谷隼(木下グループ)が圧倒的な分析力と説得力で読み解くスペシャル企画。
 大方の予想に反し、宇田が2ゲームを連取する展開。張本は、どのようにして宇田を追いかけるのか。水谷が、第3ゲームの攻防を解説する。

張本の得意パターンがようやく出て、1ゲームを返す

宇田 1-1 張本 宇田がバック側に来たロングサービスをバックハンドドライブからの連打で得点
 張本は、宇田のバック側へ久しぶりにロングサービスを出しましたが、宇田は強打でレシーブできています。こうなると、張本は宇田のバック側へロングサービスを出せなくなってしまいます。宇田が精神的に優位に立ったと感じる1本です。

宇田 1-2 張本 張本がフォア前ストップから4球目で得点
 張本は、宇田のフォア前へのストップレシーブが効いています。この決勝では、フォア前にきちんとストップが止まった時は、ほとんど張本の点数でした。もう一つ有効だったのが、バック側へのチキータ。張本は、この二つのレシーブを徹底して使っていきたいですね。

宇田 1-3 張本 張本がフォア側に来たハーフロングサービスをフォアハンドドライブしてからラリーで得点
 宇田がフォア側に少し長めに出してきたサービスに対して、張本はこのレシーブが理想です。待たれやすいクロス(左利きの宇田のバック側)でも、これくらい強打していけば、宇田に3球目で回り込まれて打たれることはありません。

試合を通して、張本の得点源になっていたチキータに対するブロック

宇田 1-4 張本 張本がバック側に来たチキータをブロックして得点
 張本が、宇田のチキータをブロックして得点しますが、ここから終盤まで、このチキータに対するブロックが張本の得点源になります。

宇田 2-6 張本 宇田がロングサービスからの3球目をミスし、張本が得点
 これは宇田の凡ミスです。
 ただし、張本は宇田のロングサービスに対して入れることしかできていません。宇田はそのレシーブをどんどん狙っているので、張本としては回り込んで強打するなど、変化をつけていきたいところです。そうすると、宇田はロングサービスが出しにくくなるので、張本のフォア前にサービスが集まりやすくなります。しかし、まだ張本は宇田のロングサービスを強く打つことができていないですね。

張本が得意のカウンターで得点
このパターンをもっと使いたい

宇田 3-7 張本 張本が、宇田のフォアハンドドライブレシーブをバックハンドで3球目攻撃して得点
 張本は、サービスが少し甘くなって宇田に攻められましたが、バックハンドでうまくリカバリーしました。このラリーのように、張本は少しミスしても次の技術でリカバリーするのがうまいのですが、この試合では初めて出ました。
 張本が本来の実力を発揮すればこのようなラリーがとても多くなるはずなのですが、この決勝では少なかったですね。このラリーのように、少しミスしてもリカバリーするパターンをもっと出していけたら、展開は変わったと思います。
 仮にサービスやレシーブが甘くなったとしても、カウンターで盛り返すプレーは張本の得意とするところですが、この決勝は宇田に打たれたらほとんど得点につながりませんでしたし、見ているこちらが「おおっ」とびっくりするようなプレーがとても少なかったですね。

宇田 5-8 張本 張本が3球目チキータをミスし、宇田が得点
 張本は3球目で宇田のバック側を狙ったチキータをミスしましたが、このパターンは決勝における張本の得点源になっていました。したがって、狙いは悪くありません。

宇田 6-8 張本 張本が5球目でツッツキに対するバックハンドドライブをミス。宇田が得点
 1、2ゲームの解説でも触れましたが、張本はツッツキに対するバックハンドドライブのミスがちょっと多いですね。この技術の調子が悪かったと思います。

宇田 6-9 張本 張本がチキータレシーブで得点
 これは張本らしいプレーです。張本は宇田のバック側へのチキータが得点源なので、行ける時はどんどんチキータしていく姿勢がいいですね。
 一方、宇田としてはミドル(センターライン付近)前へのサービスはあまり効いていないので、張本にチキータされないようサービスを組み立てていかないといけません。

宇田 7-10 張本 張本が回り込み3球目をミスし、宇田が得点
 張本は、ツッツキに対するバックハンドドライブの調子が悪いので、フォアハンドで回り込みましたが、ミスしてしまいましたね。

宇田 8-11 張本 宇田が回り込み3球目をミスし、張本が得点
 フォア側に来た少し長めのサービスを張本がドライブでしっかり入れ、宇田はミスしましたが回り込んで狙いにいきました。お互いの良さが出たラリーだったと思います。

●男子シングルス決勝
第1ゲーム 宇田幸矢 13-11 張本智和
第2ゲーム 宇田幸矢 11-9 張本智和
第3ゲーム 宇田幸矢 8-11 張本智和


1ゲームを返したことで、張本は精神的に楽になった

 このゲーム、宇田は4〜5本、凡ミスが目立ちました。
 一方、張本は1ゲームを返したことで、かなり精神的に楽になったと思います。

(まとめ=猪瀬健治 動画=小松賢)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事