1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 国内大会
  4. その他の国内大会
  5. 栃木全中 貝塚二が涙の初優勝!! 〜女子団体〜

栃木全中 貝塚二が涙の初優勝!! 〜女子団体〜

 令和3年8月23〜26日、日環アリーナ栃木(栃木県総合運動公園東エリア/栃木)にて第52回全国中学校卓球大会が開催中。
 大会3日目は男女団体の決勝トーナメント1回戦〜決勝が行われ、女子は貝塚二(大阪)が優勝した。

【女子団体】貝塚二が四天王寺との大阪ダービーを制し、初優勝!

涙と笑顔で初優勝をつかんだ貝塚二

竹谷が高森とのルーキー対決を制し、先取点

1年生とは思えない堂々たるプレーを見せた竹谷

トップで惜敗した四天王寺の高森。竹谷とのライバル対決は今後も続くだろう

2番で栃木県出身の上澤が値千金の勝利

上澤は切れ味鋭い速攻で近畿優勝の山本を下す

エース格の山本は、勝利をつかみかけたが......

カットの兼𠮷(左)と攻撃の萩原の四天王寺ペアは圧倒的な強さを見せた

エースの篠原が4番できっちりしめ、決勝点!

初優勝を決めた篠原を涙で迎えるベンチ

貝塚二ベンチに安定感をもたらしていた村上恭和氏

近藤功成監督代理も大役を見事に務めた

4連覇ならずも堂々たるプレーを見せた四天王寺

<女子団体決勝>
貝塚二 3-1 四天王寺
○竹谷 9,-9,-7,7,7 高森
○上澤 -5,6,-8,12,8 山本
 樋浦/倉嶋 -3,-1,-9 兼𠮷/萩原○
○篠原 6,5,8 伊藤
 青木 - 吉本

 大方の予想通り、貝塚二(大阪)対四天王寺(大阪)の大阪勢対決になった女子団体決勝は、決勝の名にふさわしい見応えのある競り合いになった。
 1番は、貝塚二が1年生の竹谷、四天王寺が同じく1年生の高森を起用し、ルーキー対決になる。試合は高森がストレート攻撃と中陣からのアクロバティックなカウンタースマッシュで2対1とリードするが、第4ゲームから竹谷が奮起。得意の巻き込みサービスからの厳しい攻めで高森を逆転で振り切り、貝塚二に貴重な先取点をもたらす。
 そして、勝敗を決定づけたのが、2番の上澤(貝塚二)対山本(四天王寺)。上澤は、近畿大会王者・山本の長身から繰り出す両ハンドに苦しみ、ゲームカウント1対2、ポイント7-10とマッチポイントを握られてしまう。勝負あったかに見えたが、ここから上澤が驚異的な集中力で臆することなくラケットを振り続け、第4ゲームを逆転すると、第5ゲームも連取して大逆転勝利。上澤は地元栃木でチームの勝利を決定付けたといっても過言ではない、大きな大きな1勝を挙げた。
 前半の2連勝で完全にペースをつかんだ貝塚二は、続く樋浦/倉嶋のダブルスは、今大会盤石の強さを誇る兼𠮷/萩原に敗れるが、4番でエースの篠原が躍動感あふれるプレーで伊藤にストレート勝利し、チームの初優勝を決めると、選手たちの目からは涙があふれた。

 一方、4連覇を逃した四天王寺は、近畿大会で貝塚二に勝っていただけに悔しい敗戦となってしまった。兼𠮷/萩原という絶対的なダブルスを擁していただけに、前半の大接戦のどちらかを取っていれば勝敗は分からなかっただろう。
 4連覇はならなかったが、選手たちの凡ミスの少なさや動きの良さ、得点パターンの緻密さは、常勝・四天王寺の名に恥じぬものだった。

●貝塚二・近藤功成監督代理のコメント
「諸事情で直前になって、皆川さん(皆川顕一監督)の代理を受けさせていただきました。保護者の方はもちろん、日本生命を初め、コーチやスタッフなど日頃から支えてくださっている方々に感謝の気持ちで一杯です。
 皆川さんはが常に勝つことを、選手が伸びることを考えて日々やってくださったことを、選手たちも私も信じて、この場に来られなかった皆川さんや保護者の方の分まで全力で出し切ろうとやっていたので、(勝利の)秘策というより、やってきたことを信じて挑戦者の気持ちで頑張った結果です。

ー四天王寺戦のオーダーは?
 今日は(アドバイザーで入った)村上監督(村上恭和日本生命レッドエルフ総監督)と一緒にベンチに入らせていただき、四天王寺は1番で高森選手が出てくると思っていたので、竹谷で1年生対決ということでそこが勝負でした。
 2番で出た上澤も地元栃木の開催ということで、そういう期待も込めました。上澤本人は大阪府大会、近畿大会と団体戦ではいいプレーが出来なかったと言っていたので、ここでその悔しさというのを見せてくれました。(2番の試合は)すごいですね、奇跡的だと思います。

ー選手たちが生き生きとプレーしていましたが?
 村上監督の思想でしょうか。選手が第一で『卓球をやっていることに幸せを感じてほしい』と言うことは、村上監督も皆川さんも日頃からおっしゃっていることなので、子供達がそれを本当に体現できた団体戦だったと思います」


3位は益田と横浜隼人

益田は貝塚二を追い詰め、存在感を見せた

貝塚二戦のトップで吉本を下した益田の大﨑

決勝進出ならずも地力を見せた横浜隼人

四天王寺戦では2番で岩木(横浜隼人)が一矢報いた

 3位の益田(島根)は、1回戦で土佐女子(高知)に3対2で競り勝つと、準々決勝では武蔵野(東京)に勝利して表彰台。準決勝では優勝した貝塚二にラストまで迫る見事な戦いぶりを見せ、女子団体の台風の目になった。

 もう一方の3位は、関東王者の横浜隼人(神奈川)。1回戦で中間東(福岡)、準々決勝で玖珂(山口)を下し、危なげなく準決勝へ勝ち上がったが、四天王寺に対しては1点を奪うにとどまった。

卓レポツイッターでも速報を配信予定です。ぜひご覧ください!

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
第52回全国中学校卓球大会/栃木大会:https://tabletennis.zenchuu.jp/

(取材=佐藤孝弘/小松賢/猪瀬健治)

\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事