1. 卓球レポート Top
  2. その他
  3. 卓球レポートアーカイブ
  4. 「卓球は血と魂だ」田舛彦介
  5. 「卓球は血と魂だ」 第二章 三 道場十五戒⑥

「卓球は血と魂だ」 第二章 三 道場十五戒⑥

三 道場十五戒

希望を捨てるな、目標を失うな、頑張れ

 五月、この道場を訪問したユーゴスラビア卓球協会長のカペタニッチ氏は、この標語を見てこう云われた。「よい言葉ですね。希望ということばは、宗教的に云っても、人生にとって最も大切な言葉です」と。

 スポーツ選手の生活は人生の縮図のように、私には思える。青春時代、スポーツ卓球に打ち込み、カベにぶつかり、スランプに陥り、チームの中で苦しみながら、時に勝利のよろこびを味わう。その間、いろんなことを学びながら、体得しながら、大きい選手になっていく。それはまったく人生そのものである。

 自分が強くなることは、そのチームのためでもある。強くなって、友人やチームのためにも尽力し、貢献できる選手になってもらいたい。だが、現実には毎年毎日いろんな出来事や課題が自分を待ちうけている。それを思いなやみ、希望を失いそうな時が何度もあるのである。

 希望を失いそうな時、少し考え方を変えてみるのがよい。別な角度から、他の人の立場から、そして少し高い立場から考えてみるのがよい。そして少し時間をかけて考えてみるがよい。多くの場合、それは小さな問題であったことがわかるだろう。

 しかし、それでもなお悩みは深く、容易に解決できないカベである場合がある。そんな時、その課題を乗り越えることが、君が一段と大きくなる時なのだ、と思ってよいのである。


 卓球に打ち込める時間を持てる人、それは幸福な人

 模倣はよし、しかし最後は君の卓球を創造せよ

 卓球は闘いであり、人格の反映であり、神である

 スポーツは人生のよろこびである

 燃えて燃えて、燃えつくせ

Recommendおすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■その他の人気記事

Page Top