1. 卓球レポート Top
  2. その他
  3. 卓球レポートアーカイブ
  4. 「卓球は血と魂だ」田舛彦介
  5. 「卓球は血と魂だ」 第二章 三 道場十五戒10

「卓球は血と魂だ」 第二章 三 道場十五戒10

三 道場十五戒

「勇気を出せ、たとえ肉体にいかなる欠点があろうとも、わが魂はこれに打ち勝たねばならぬ。二十五才-そうだ、二十五になったのだ。今年こそ、男一匹、ほんものになるかならぬかを、きめなければならぬ」(
ベートーベンの日記から)

 盲目の大作曲家として全世界の人々に知られるベートーベンが、盲目になったあとも、後世に残る名曲をつくりつづけた裏には、幾多の苦難を乗り越える涙の日々があったことであろう。

 京都大学の名総長であった人格者、平澤興先生の著者(「人間・その無限の可能性」新潟日報事業社発行)によれば、ベートーベンが目をわずらい、ついに盲目となり、絶望の渕をさまよったころの日記に、こう書かれた一節があるそうである。

 平澤先生ご自身が二十才の時、あることに悩み、自殺を決意、新潟の郷里の草原をさまよわれた時があるそうだ。その時、不思議なことに尊敬するベートーベンが幻想の中に現われ、そのベートーベン自身の言葉(原語)が、強く自分をむち打った、のだそうである。

 目が見えなくなった音楽家が、世の中を悲観し、絶望するのはごく当り前であろう。しかし、そのきびしい現実が、さらに偉大なベートーベンをつくり上げた、と云えるのかもしれない。


闘志、正義、友愛

Recommendおすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■その他の人気記事

Page Top