1. 卓球レポート Top
  2. その他
  3. 卓球レポートアーカイブ
  4. 名勝負セレクション
  5. 卓レポ名勝負セレクション 絶対女王 張怡寧 Select.2

卓レポ名勝負セレクション 
絶対女王 張怡寧 Select.2

 卓球レポートは国内外のさまざまな大会へ足を運び、およそ半世紀にわたり、あまたの熱戦を映像に収め続けてきた。その膨大な映像ストックの中から、語り継がれるべき名勝負を厳選して紹介する「卓レポ名勝負セレクション」。
 今シリーズは、隙のないオールラウンドプレーで一世を風靡した張怡寧(中国)の名勝負を紹介している。
 今回は、林菱(香港)との2005年世界卓球選手権(以下、世界卓球)上海大会女子シングルス準決勝をお届けしよう。

■ 観戦ガイド
元中国代表・林菱との準決勝に臨んだ張怡寧
横綱さながらの堂々たるプレーは必見

 2004年アテネオリンピック女子シングルス金メダリストとして、また、世界ランキング1位(2005年4月5日発表)として2005年世界卓球上海大会女子シングルスに挑んだ張怡寧。
 母国での世界卓球女子シングルス初制覇を狙いベスト8まで難なく勝ち上がると、準々決勝ではカット主戦型のVi.パブロビッチ(ベラルーシ)を一蹴する。
 張怡寧がVi.パブロビッチ戦で見せた、ループドライブ(回転量の多いドライブ)の長さや高さに変化をつけ、わずかに甘くなったカットを強打で広角に打ち分ける好球必打の戦術は、カット攻略の教科書と呼べるもので、カット打ちに悩みを抱えている選手にとっては、大いに参考になるだろう。

 順当にベスト4に勝ち上がった張怡寧は、準決勝で林菱と対戦する。
 林菱は元中国女子ナショナルチームで活躍し、その後、中国から香港へ帰化した経歴を持つ選手だ。男子選手のようなパワフルな両ハンドドライブがプレースタイルの特長で、2001年世界卓球大阪大会では女子シングルスで決勝まで勝ち上がっている。
 実力ではすでに張怡寧がしのいでいるが、中国女子ナショナルチームの選手として場数を踏んできた林菱の経験は侮れない。

 試合は序盤から、張怡寧のスムーズな両ハンド攻守と林菱のパワーが真っ向からぶつかり合う打撃戦になるが、要所でパワードライブを決めた林菱が第1ゲームをジュースで先制する。競り合いを予想させる立ち上がりになったが、しかし、第2ゲームから張怡寧が徐々にその力を発揮し、林菱を圧倒していく。
 相手のよさを存分に引き出しつつ、それを上から抑えつける横綱相撲さながらの張怡寧のプレーを堪能してほしい。
(文中敬称略)

(文/動画=卓球レポート)

Recommendおすすめ記事

■その他の新着記事

■その他のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■その他の人気記事