1. 卓球レポート Top
  2. トピックス
  3. 国際大会(トピックス)
  4. ワールドツアー・中国オープン 〜オフチャロフと丁寧が優勝〜

ワールドツアー・中国オープン 〜オフチャロフと丁寧が優勝〜

6月20〜25日にITTFワールドツアー・中国オープンが開催された。男子シングルスではオフチャロフ(ドイツ)、女子シングルスでは丁寧(中国)がトーナメントを制した。日本勢では男子ダブルスで吉村/上田(名古屋ダイハツ/協和発酵キリン)が頂点に立ったほか、21歳以下男子シングルスで木造(愛工大名電高)、21歳以下女子シングルスで塩見(四天王寺高)が優勝を飾った。


 男子シングルスは地元中国の馬龍、許昕、樊振東がいずれも2回戦で棄権するという異例の事態が起こる中でオフチャロフが頂点に立った。オフチャロフは大島(木下グループ)らを破って決勝に進出。一方、反対のブロックではボルが準決勝で張本を破るなど、決勝へと駒を進めた。決勝は互いに譲らず最終ゲームにもつれたが、最後はオフチャロフが6-10から6連続得点で逆転。劇的な形で優勝を決めた。日本勢では張本が丹羽(スヴェンソン)との同士打ちを制して勝ち進むなどベスト4に進出。ベスト8には大島、吉田雅己(協和発酵キリン)、丹羽の3選手が入った。
 女子シングルスでは丁寧(中国)が優勝。丁寧は伊藤(スターツSC)、平野(JOCエリートアカデミー/大原学園)ら日本勢を連破して決勝に進出。決勝ではジャパンオープンで優勝した孫穎莎(中国)との同士打ちを制して頂点をつかんだ。日本選手では平野、石川(全農)がベスト8に入賞した。

 

 男子ダブルスは、吉村/上田が優勝。吉村/上田は1回戦で江天一/林兆恒(香港)をゲームオールの末に破ると、その後はヨーロッパ勢を連破して決勝に進出。決勝では張本/木造(JOCエリートアカデミー/愛工大名電高)をゲームカウント3対1で破り、2013年のジャパンオープン以来のタイトル獲得を決めた。張本/木造は準決勝で樊振東/許昕(中国)を破る金星を挙げたが、決勝では先輩ペアの前に要所を押さえられ敗戦。惜しくも優勝を逃した。
 女子ダブルスは丁寧/劉詩雯(中国)が優勝。決勝は世界卓球2017デュッセルドルフと同じ陳夢/朱雨玲との同士打ちになったが、再び勝利を収めて栄冠をつかんだ。日本勢では早田/伊藤(希望が丘高/スターツSC)がベスト8に入った。


 21歳以下男子シングルスでは木造が及川(専修大)との同士打ちを制してワールドツアー初優勝。木造は準々決勝で村松(東京アート)、準決勝で林鐘勲(韓国)を破り決勝に進出。決勝はゲームオールの激戦に勝利して頂点をつかんだ。日本勢では木造のほか、及川が2位、吉村和弘(愛知工業大)がベスト4、村松、酒井(明治大)がベスト8に入った。
 21歳以下女子シングルスでは塩見が初優勝。塩見は準々決勝で木原(JOCエリートアカデミー)を破ってベスト4に進出すると、準決勝では第1シードの杜凱琹(香港)に勝利。決勝では加藤杏華(十六銀行)にゲームカウント3対1で勝利して、優勝を飾った。塩見のほか、加藤が2位、芝田がベスト4、前田(日本生命)、木原、安藤(専修大)の3選手がベスト8に入賞した。

各種目の主な結果は以下の通り。

 

■男子シングルス

優勝:オフチャロフ(ドイツ)

*3位:張本(JOCエリートアカデミー)、ベスト8:大島(木下グループ)、吉田(協和発酵キリン)、丹羽(スヴェンソン)

 

■女子シングルス

優勝:丁寧(中国)

*ベスト8:平野(JOCエリートアカデミー/大原学園)、石川(全農)

 

■男子ダブルス

優勝:吉村/上田(名古屋ダイハツ/協和発酵キリン)

*2位:張本/木造(JOCエリートアカデミー/愛工大名電高)

 

■女子ダブルス

優勝:丁寧/劉詩雯(中国)

*ベスト8:早田/伊藤(希望が丘高/スターツSC)

 

■21歳以下男子シングルス

優勝:木造(愛工大名電高)

*2位:及川(専修大)、3位:吉村和弘(愛知工業大)、ベスト8:村松(東京アート)、酒井(明治大)

 

■21歳以下女子シングルス

優勝:塩見(四天王寺高)

*2位:加藤杏華(十六銀行)、ベスト4:芝田(ミキハウス)、ベスト8:前田(日本生命)、木原(JOCエリートアカデミー)、安藤(専修大)


今大会の記録は日本卓球協会、国際卓球連盟のホームページに掲載されています。
日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com

Recommendおすすめ記事

■トピックスの新着記事

■トピックスのカテゴリ一覧

Rankingランキング

■トピックスの人気記事