1. 卓球レポート Top
  2. 大会
  3. 全日本卓球(一般・ジュニア)
  4. 2021年
  5. 元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼〜女子シングルスの行方〜

元全日本王者が斬る!渋谷浩の眼
〜女子シングルスの行方〜

 いよいよ2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月11日より丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。
 今大会は昨年来、感染拡大を続けている新型コロナウイルスの影響で、無観客、ダブルス種目なしという特例的な措置が講じられている。卓球レポートでは大会に先駆けて、元全日本王者の渋谷浩が、シングルス4種目の組み合わせを参考に見どころを解説する。
 ここでは、女子シングルスの優勝の行方を占ってもらった。

伊藤美誠と木原美悠の二人が優勝争いをリード

 コロナ禍で多くの大会が中止や延期になるに伴い、選手たちのプレーを見る機会も極端に減ってしまった現状では予想が難しいのですが、優勝争いでは、ビッグ4とも呼ぶべき早田ひな(日本生命)、石川佳純(全農)、伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)の4人は外せないでしょう。この4人の中から誰が優勝してもおかしくはありませんが、これまでの実績からすると、伊藤が優勝争いの中心になってくると思います。
 一方、ビッグ4に割って入ろうとする若手選手たちも力をつけており、その筆頭だと私が見ているのが、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)です。Tリーグの木下アビエル神奈川での木原のプレーは並み居る強豪たちの中でも際立っていました。そのため、伊藤と並んで木原を本命視しています。
 それでは各ブロックを見ていきましょう。

【第1ブロック】
本命は早田ひなだが
Tリーグ連戦からの疲労回復が鍵

 このブロックは昨年優勝の早田が本命ですが、彼女のコンディションが少し心配です。Tリーグの日本生命レッドエルフのエースである早田は、コロナ禍による過密日程で連戦が続き、疲れがたまっていると思います。その疲労の回復具合によっては、大番狂わせがあるかもしれません。
 早田が注意したいのは、5回戦での対戦が予想される梅村優香(中央大)です。シェーク異質型の梅村は前後の揺さぶりを得意にしているので、平行足のスタンス(足の構え)でプレーする早田にとってはやりにくい選手だと思います。早田が梅村の揺さぶりにどう対応するのか注目です。
 早田の対抗としては、実績十分のカット主戦型・佐藤瞳(ミキハウス)、Tリーグで好調の森さくら(日本生命)になるでしょう。佐藤は、初戦となる4回戦での対戦が予想される牛嶋星羅(昭和電工マテリアルズ)とのカット対決を制することが、勝ち上がる鍵になると思います。
 このブロックで見逃せないのが、2回戦から出場する成本綾海(中国電力)です。日本リーグで活躍する成本は年々力をつけている印象があり、昨年末に行われたJTTLファイナル4では、充実のプレーで石川佳純を下しました。成本が本来の力を発揮できれば、勝ち上がっていく可能性は高いと思います。
 その成本と4回戦で対戦する昨年のジュニア女子王者・大藤沙月(四天王寺高)も勝ち上がる力を持った選手なので、成本との対戦が楽しみですね。

昨年優勝の早田ひな。連覇に向けて万全な体調で臨みたい

好調の成本綾海は上位進出なるか

【第2ブロック】
激戦必至のブロック
大本命の伊藤美誠は順当に突破なるか

 伊藤美誠を筆頭に、芝田沙季(ミキハウス)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、安藤みなみ(十六銀行)、長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)、木村香純(専修大)ら強豪がこのブロックにひしめきました。女子シングルスのトーナメントで一番の激戦ブロックになりましたね。
 大本命の伊藤美誠は、両面に裏ソフトラバーを貼るシェーク攻撃型にはめっぽう強い半面、自分と同タイプのシェーク異質型を苦手とする傾向があります。その点で、同じラインにいる三條裕紀(青山学院大)や、過去に全日本で敗れている安藤は注意が必要でしょう。本人も警戒しているでしょうが、ここを切り抜ければ伊藤は勢いに乗れると思います。
 5回戦での対戦が予想される加藤美優対長﨑美柚も注目の一戦です。実績では加藤が上ですが、長﨑には爆発力があります。加藤が長﨑を沈黙させるのか、それとも長﨑が加藤の壁を持ち前の爆発力でこじ開けるのか。5回戦の中でも要注目の試合になると思います。
 また、このブロックの三條の山には、注目の小学6年生・張本美和(木下グループ)がいます。伸び盛りの年齢だけに、どんなプレーで女子シングルスを戦うのか楽しみです。

大本命の伊藤美誠は三度目の戴冠を目指す

加藤美優は持ち前の安定感で激戦ブロック突破を図る

【第3ブロック】
最有力候補は木原美悠
平野美宇はけがの回復次第、橋本帆乃香は意外性が鍵

 このブロックを制する最有力候補は、冒頭でも述べましたが木原美悠です。Tリーグでの木原のプレーを見ると、全体的なレベルが上がっていると感じます。プレー全体が攻撃的になり、フォアハンドもバックハンドもただタイミングが速いだけでなく、威力がついてきました。加えて、プレー態度が淡々と落ち着いていながら勝負強さや思い切りのよさがあるので、メンタルの強さも十分です。持てる力を発揮すれば、木原がこのブロックを取る可能性は高いでしょう。
 ビッグ4の一人、平野美宇はコンディション次第です。故障で国際大会やTリーグの棄権が続いていますが、万全な状態であれば、平野は木原に打ち勝つポテンシャルを十分に持っています。
 前回3位の橋本帆乃香(ミキハウス)も前回以上の成績を狙っているでしょう。ただし、カット主戦型は相手に最も対策されやすい戦型です。私は現役時代、カット主戦型でしたが、全日本で私に勝った相手がやや誇らしげに「組み合わせが決まってからカットマンとばかり練習していました」と報道陣にコメントしているのを悔しい思いをしながら聞いた経験があります。
 対策されやすいカット主戦型が勝ち上がるためには、相手の想定を上回ることです。橋本は、「あれ?思っていたのと違うな」と相手に少しでも思わせる意外性を発揮できるかどうかが、勝ち上がるための鍵になるでしょう。

渋谷浩が本命に推す木原美悠。Tリーグで好調だ

平野美宇はけがからの回復が間に合うか

【第4ブロック】
石川佳純が盤石のブロック
小塩遥菜、永尾尭子らがどこまで迫れるか

 石川が頭一つリードしていますね。よほどのことがない限り、経験と実力で勝る石川がこのブロックを取るのではないでしょうか。  石川以外では、前回中学2年生でベスト8入りし、話題を集めたカット主戦型の小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)に注目しています。順当に行けば5回戦で日本リーガー・宋恵佳(中国電力)との対戦になりますが、カット打ちのうまい宋に勝つことができれば、小塩は勢いに乗るでしょう。
 そのほか、過去には全日本女子シングルス3位の実績を持ち、現在はTリーグで活躍する永尾尭子(サンリツ)も面白い存在です。2回戦からの出場ですが、順調に勝ち上がり、スーパーシードの前田美優(日本生命)との4回戦を乗り切ることができれば、一気に勝ち上がる爆発力を秘めた選手です。
 昨年末に行われたJTTLファイナル4で成本綾海を下し、チームの優勝を決めた徳永美子(十六銀行)も注目です。サウスポーからのテンポのよい攻撃が決まれば、上位進出もあるでしょう。
 その徳永の山には、小学6年生の竹谷美涼(初喜TTC)がいます。張本と同学年の竹谷のフレッシュなプレーに注目が集まるでしょう。

V5を目指す石川佳純は第2シード

中学3年生の小塩遥菜は昨年に続く快進撃なるか

(まとめ=卓球レポート)


卓レポツイッターでは大会の速報をお届けしています。

詳しい試合の結果は大会公式サイトでご確認ください。
全日本卓球:http://www.japantabletennis.com/zennihon2019/
\この記事をシェアする/

Rankingランキング

■大会の人気記事

NEW ARTICLE新着記事

■大会の新着記事