TENERGY Usage WTTC2016 over50%

世界卓球2016クアラルンプールでも、
半数以上の使用率を誇るテナジー

世界卓球2016クアラルンプールにおいて、バタフライのラバー使用率は60.0%という非常に高いシェアを記録した。その中でも、テナジー シリーズは56.7%というラバー全体の半分以上の使用率を誇った。このデータは、セルロイドボールからプラスチックボールへの変更という大きな転換期を迎えてもなお、テナジーに高い優位性があることを証明するものである。トップ選手たちの多くがテナジー シリーズを使用するのはなぜか。テナジー シリーズの性能や各シリーズの特徴を紹介することで、その秘密をひも解いていく。
>>世界選手権大会の選手用具使用率を見る

TENERGY TECHNOLOGY

あなたがテナジーの全てを知るために。そして、あなたが勝つために。

ハイテンション ラバー
一線を画す「エネルギー内蔵技術」

バタフライ独自の製法でつくられるハイテンション ラバーは、ゴムの分子にテンションを与えることでエネルギーロスを抑え、スピード性能や回転性能、コントロール性能を大きく向上させ、世界のトップ選手が求める高性能を実現した。 同時に品質にもこだわり抜いた、他と一線を画す「エネルギー内蔵技術」が人気の秘密だ。

スプリング スポンジ独特の
つかむ感覚

「スプリング スポンジ」の最大の特徴は、これまでのラバーとは別次元のボールを“つかむ”感覚だ。大きな気泡を内包したスポンジが、バネ(スプリング)のように縮んでボールをはじき出す。 回転やスピードを思うがままに支配し、コントロールする感覚を与えてくれる、驚異のスポンジだ。

選び抜かれた4つのツブ形状

テナジーをテナジーたらしめるテクノロジーの1つ、ツブ形状。 技術の枠を集め、100種類以上に及ぶツブ形状の金型を作製し、膨大な時間を費やしてそれら1つひとつを評価した結果、テナジー シリーズは誕生した。 突き詰められ、選び抜かれた本物の性能がそこにはある。
>>ツブ形状の違いを見る

テナジー シリーズ ラインナップ

TENERGY MOVIE

開発に11年の年月をかけ、発売から6年で世界の卓球を変えたテナジー。
どのような選手がテナジーを使うべきなのか、各テナジーの特徴に迫る。

テナジー使用選手 プレー動画集