1. 卓球レポート Top
  2. 技術・戦術
  3. 特集
  4. 水谷隼が選ぶ世界のベストサーバー
  5. サービスがすごいのは誰だ!? 水谷隼が選ぶ世界のベストサーバー1位 馬龍

サービスがすごいのは誰だ!?
水谷隼が選ぶ世界のベストサーバー1位 馬龍

 卓球レポートの大幅リニューアルを記念し、この特別企画では水谷隼選手(木下グループ)が選ぶ世界のベストサーバーをランキング形式でお届けしていきます。
 全日本選手権大会で10度目の優勝を決めた水谷選手が選ぶ、サービスがすごい選手とその理由とは?
 いよいよ、第1位の選手の発表です!

水谷隼が選ぶ世界のベストサーバー
第1位 馬龍(中国)

mj03−01.jpg馬龍。2015、2017年世界選手権大会優勝、リオ五輪金メダル。攻守そろった圧倒的な総合力と経験に裏打ちされた戦術力でビッグタイトルを総なめにしている最強王者

下回転が見た目以上に切れている

 僕がこれまで対戦した中で、サービスが一番うまいと感じた選手は馬龍(中国)です。
 馬龍は基本的にフォアハンドで横回転系サービスを中心に出してきますが、横下回転サービスの下回転が見た目以上に切れているんです。馬龍のサービスは右利きの選手は比較的取りやすいと思いますが、左利きの僕にとっては、とても取りにくいですね。

横下回転と横回転のスイングがほぼ同じ

 馬龍のサービスは、横下回転と横回転とでスイングのフォーム、打ち終わりのラケット位置や角度がほとんど同じなんです。打球時の微妙な角度調整だけで横下回転サービスと横回転サービスを出し分けてくるので、変化がかなり分かりにくいです。

弾道が低い

 変化の分かりにくさだけでなく、弾道が低いのも馬龍のサービスの特徴です。サービスが低いと、できるレシーブが限定され、厳しく返球することが難しくなります。
 馬龍は3球目攻撃が鋭いので、強く打たせないようにしたいのですが、サービスの変化が分かりにくく、弾道が低いので、なかなかいいレシーブができません。

まとめ

 水谷選手が選ぶサービスの名手の第1位は、中国歴代最強との呼び声高い馬龍でした。
 馬龍を筆頭に、オフチャロフボル(ともにドイツ)ら水谷選手が挙げたサービスの名手たちは、観る側にとっては"サービスがすごい"というより"プレー全体の強さが際立つ"選手たちではないでしょうか。サービスの威力とは、サービスそのものだけにとどまらず、サービス後のプレーや総合力の高さが含まれることを、水谷選手の人選は示唆しています。

 これまで、卓球レポートリニューアル特別企画として水谷選手が選ぶベストサーバーを紹介してきましたが、水谷選手自身も世界でトップクラスのサービスの名手です。そこで、次回は特別企画の続編として、水谷選手が近年力を入れているサービスを紹介してくれます。どうぞお楽しみに!

馬龍の横下回転サービス

馬龍の横下回転サービスは、下回転の割合が見た目以上に多い上に軌道が低いため、効果的なレシーブが難しい

動画はこちら↓


(取材/文=猪瀬健治 写真=佐藤孝弘 動画=小松賢)

Recommendおすすめ記事

■技術・戦術の新着記事

■技術・戦術のカテゴリ一覧

Rankingランキング

■技術・戦術の人気記事

Page Top