卓球は誰もが親しみやすいスポーツでありながら、オリンピックの正式競技にも採用されている競技性の高いスポーツだ。楽しくて奥が深い卓球の世界へようこそ!

オリンピックの正式競技

卓球は、オリンピックの正式競技として採用されています。オリンピックは、4 年に1度開催されるスポーツの祭典。卓球は、世界中の人が注目するスポーツなのです。

全スポーツの中でトップクラスの加盟国数

国際卓球連盟に加盟している国や地域の数は220。これは、サッカーや野球よりも多く、すべてのスポーツの競技団体の中で2番目に多い加盟国数です(※)。世界中に、卓球を楽しんでいる仲間がいます。
※2016年10月現在

体格や年齢差が表れにくい生涯スポーツ

近距離で相手とボールを打ち合う卓球は動く範囲がコンパクトなので、体格や年齢の差が表れにくいスポーツだといえます。そのため、卓球台とラケットとボールさえあれば、誰もが楽しめる手軽さが卓球の大きな魅力。生涯を通してつき合うことができるスポーツです。
また、卓球はほかの球技と比べてスペースを取らないので、公共の体育館から町の卓球場に至るまで、プレーできる場所が多いのも魅力です。

ダイナミックな頭脳戦が魅力

トップ選手のボールは、1秒間に150回転以上、時速120キロ以上になるとも言われています。親しみやすさの向こう側には、強烈な回転やスピードを駆使しながら瞬間の判断で相手と競い合う、ダイナミックな世界があります。

PAGE TOP