1本目のラケットをその少年に手渡した30 年前のあの日から、私たちの歩みは常に彼と共にあった。少年の名はティモ・ボル、当時11歳。幼い頃から抜群のボールタッチを持つ彼に、周囲は高い期待を抱いた。彼はそれを裏切ることなくむしろ上回る勢いで、ジュニアからシニアへ、ドイツからヨーロッパ、そして世界へと活躍の舞台を広げた。世界の頂点に君臨する中国に対抗できる数少ない存在としてプレーし続けること20年以上。それがいかに偉大なことか。孔令輝、馬琳、張継科、馬龍、樊振東。実に5世代の中国人エースたちをライバルとしてきた事実が物語る。

圧倒的な実績のみならず、彼の人柄も世界中のファンを魅了してきた。フェアプレー精神に満ち、誠実さや謙虚さを欠かないその様は、私たち卓球ファンにとってロールモデルであり続けている。

この卓球界の宝である彼を、私たちバタフライは用具のエキスパートとして支えてきた。私たちは彼の技術をより引き出す用具を提供し、彼は高いパフォーマンスでそれに応える。このプロフェッショナルなやりとりを積み重ねること30年。素晴らしい信頼関係が築けたことを、そしてこれからも共に歩むことができることを、バタフライは誇りに思う。ハッピーアニバーサリー、ティモ!


ティモ・ボルとバタフライの30年の歩み

    1. 1992

      バタフライは将来を嘱望された当時11歳のボル少年と契約。

      timeline_1992.jpg
    2. ビスカリア - ST/スレイバーFX/スレイバーFXを使用
      当時はまだサンプルだったビスカリア - STを提供。ボルの手にフィットするように当時のコーチが少し細めのグリップにカスタマイズした。ラバーは両面スレイバーFXを使用。厚みはアツ(1.9mm)から始め、徐々に厚く、硬くしていく計画だった。

      equipment_01.jpg
    3. 1995

      14 歳。ヨーロッパユース選手権大会カデットチャンピオンに。

      timeline_1995.jpg
    4. 1997

      16歳。ヨーロッパユース選手権大会ジュニアチャンピオンに。
      この年に、世界選手権大会に初出場。

    5. 1998

      17歳。ドイツ選手権大会で優勝。

    6. 2000

      『ティモボル・スピリット』発売。ティモ・ボルの名を冠する最初のモデル。

      timeline_2000.jpg
    7. ティモボル・スピリット - ST/スレイバー/スレイバーFXを使用
      “打球の威力とコントロール性能の両方を満たしてくれるラケット”

      equipment_02.jpg
    8. 2002

      ティモボル・スピリット - ST/スレイバー/スレイバーELを使用

      equipment_03.jpg
    9. 21歳。ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで初優勝。

      timeline_2002.jpg
    10. 男子ワールドカップ優勝。

    11. 2003

      2003年1月の世界ランキングで1位になる。

    12. 2004

      オリンピックに初出場。

    13. 2005

      ティモボル・スピリット - ST/スレイバー/スレイバーを使用
      “自分の成長に合わせて、徐々にラバーを厚く、そして硬くしていった”

      equipment_04.jpg
    14. 世界卓球2005上海男子ダブルス2位。この大会の男子シングルス4回戦で中国の劉国正と対戦。最終ゲーム12対11でボルがマッチポイントを握った場面で相手の打球が台のエッジをわずかにかすめた。その際にボルは全くためらうことなく相手の得点であることを審判員に申告。このプレーがきっかけとなり翌年に国際フェアプレー賞を受賞した。ボルのフェアプレー精神を象徴する出来事となった。

      timeline_2005.jpg
    15. 男子ワールドカップで、中国選手を3連破して優勝。

    16. 2007

      ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで2度目の優勝。

    17. 2008

      ティモボルシリーズ発売。ボルはティモボル・スピリットの後継となる『ティモボル ALC』を使用。

      timeline_2008.jpg
    18. ティモボル ALC - ST/テナジー05/テナジー05を使用
      “ルール改正により違反となる補助剤は使用しないと決めた”

      equipment_05.jpg
    19. ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで3度目の優勝。

    20. 2010

      ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで4度目の優勝。

    21. 2011

      ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで5度目の優勝。

    22. 世界卓球2011ロッテルダムで男子シングルス3位。自身初となる世界選手権大会でのシングルス入賞。

      timeline_2011.jpg
    23. 2012

      ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで6度目の優勝。

    24. 2018

      ティモボル ALC - ST/テナジー05ハード/テナジー05を使用

      equipment_06.jpg
    25. ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで7度目の優勝。
      世界ランキング1位に返り咲く。2003年1月から5月、2011年1月から3月以来。

    26. 2019

      ティモボル ALC - ST/テナジー05ハード/ディグニクス05を使用

      equipment_08.jpg
    27. ティモボル ALC - ST/ディグニクス09C/ディグニクス09Cを使用
      自身が開発に深く関わったディグニクス09Cを選択。“バタフライによる、全く新しい方向性のラバー。ずっとこんなラバーでプレーしたかった”

      equipment_08.jpg
    28. 2021

      プリモラッツ カーボン - ST/ディグニクス09C/ディグニクス09Cを使用
      20年近く変えなかったアリレート カーボンラケットから変更。打球の威力を補うための選択だった。

      equipment_09.jpg
    29. 40歳。ヨーロッパ選手権大会男子シングルスで8度目の優勝。
      世界卓球2021ヒューストン男子シングルス3位に輝く。

      timeline_2021.jpg
    30. 2022

      ティモボル ALC - ST/ディグニクス09C/ディグニクス09Cを使用
      再びティモボル ALCを選択。さらなるキャリアを求めて、鍛錬を重ねる。

      equipment_08.jpg


YouTubeの字幕機能をオンにしてお楽しみください。

ギャラリー

At the table

1998年頃
1999年
1999年。金髪時代
2002年1月。プロツアー・グランドファイナル
2006年
2008年
2010年
2010年。史上初のヨーロッパ卓球選手権大会男子シングルス4回優勝
世界卓球2011ロッテルダム
世界卓球2012ドルトムント
2013年。ドイツ・ブンデスリーガ、ボルシア・デュッセルドルフのエースとして戦う
世界卓球2014東京
2018年に世界ランキング1位に返り咲く
世界卓球2021ヒューストン



Off the table

1999年
2002年ヨーロッパ選手権大会男子シングルスのメダリスト。左からクレアンガ、ボル、プリモラッツ、シュラガー
2002年。日本を訪れた際の1コマ
2002年。日本を訪れた際の1コマ
2003年。日本での講習会でサインに応じる
ボルのグリップ。2006年頃
2006年
卓球レポート2010年1月号
世界卓球2011ロッテルダムで男子シングルス銅メダル
2012年。ロンドンにある卓球バー「バウンス」のオープニングパーティー
2013年。ドイツ・ブンデスリーガの試合前の入場
2013年
2014年。張継科、水谷隼と
2015年。東京の卓球ショップでサインをする
2015年。バタフライ・テックを訪問。ラケットの製造工程を見学
2015年。バタフライの研究開発部門のスタッフとの試打
2015年。バタフライのスタッフと談笑する
2015年。撮影風景
2015年。『テナジー』のプロモーションビデオの1コマ
世界卓球2015蘇州のバタフライ・ブース
2017年
2017年。バタフライ社員の歓迎を受ける
2018年
2020年。『ディグニクス』のプロモーションビデオの1コマ
2020年。フランチスカ、オフチャロフとのフォトセッションの合間に談笑
世界卓球2021ヒューストン会場にて。代表取締役社長の大澤卓子と
世界卓球2021ヒューストン会場にて。世界中に多くのファンがいるティモ。アメリカも例外ではなく、サイン会では多くの人が列をなした。



Products

2000年。アリレート カーボン搭載ラケット『ティモボル・スピリット』
2001年。アリレート搭載ラケット『ティモボル・スパーク』
2003年。ビデオ『ティモボル』
2003年。ボル着用シューズ『ラジアルTB』
2002~2003年。欧州で発売されていたボルのグッズ
2002~2003年。欧州で発売されていたボルのグッズ
2002~2003年。欧州版カタログにメイスとシュテーガーとともに登場
2002~2003年。欧州で発売されていたラケット『ボル フォルテ OFF』
2007年。欧州版カタログ
2008年。5種類(発売開始時)からなる「ティモボル ブレードシリーズ」が登場
2012年。ボルの着用していたシューズ『エナジーフォースX(テン)』
2015年。ボルの着用していたシューズ『レゾラインTB』
2017年。ボルが現在も(※)着用しているシューズ『レゾライン リフォネス』。
(※)写真はネイビー。現在はブラックを着用
2017年。欧州版カタログのワンシーン
2018年。欧州版カタログのワンシーン
2018年。ティモボルの名前が入ったラケット『ティモボルJ』『ティモボルTJ』『ティモボル CAF』
2019年。ボル(???)のフィギュア
2020年。ボルも開発に携わったラバー『ディグニクス09C』をリリース



ティモと私たちは共に歩み続ける......


timo_prologue.jpg ※こちらのページに掲載した製品に、日本国内非売品および廃番品を一部含みます。あらかじめご了承ください。