「いつかはトップを目指す」プレーヤーに使ってもらいたいラバー

4月21日にバタフライから「スプリング スポンジ」を採用したハイテンション裏ラバー『ロゼナ』が発売される。「スプリング スポンジ」を採用したラバーは、『テナジー』シリーズと『スピンアート』、そして『ロゼナ』となる。性能のみならず、価格面でも多くのユーザーの声に応えた『ロゼナ』の実力と開発の裏側に迫った。

より多くのプレーヤーの要望に応えるために

1枚のラバーに込めるバタフライの大きな思いについて、『ロゼナ』の開発を指揮した株式会社タマス代表取締役社長の大澤卓子が語る。

『ロゼナ』に込めた思いをかたちに

バタフライ(株式会社タマス)研究開発チームのマネジャーとして、『ロゼナ』の開発をリードし、性能やコストに関する数々の要望をクリアして完成させた土屋祐一に、『ロゼナ』誕生までの経緯とその性能について詳しく聞いた。

製品情報

ロゼナ

ロゼナ

¥5,000+税
"トレランス"を追求したハイパフォーマンス ラバー『ロゼナ』

製品詳細 オンラインショップ
PAGE TOP