用具選びのポイント

初級者でも「トップ選手と同じ用具を使ってプレーしたい」という選手がいると思います。しかし、最初から特殊素材を使用したラケットや『テナジー』シリーズなどの反発力の強い用具を使ってしまうと、用具の力に頼った打球をしてしまうため、自分の力をボールに伝える打ち方が身につかなくなってしまいます。初級者にとって大切なのは、しっかりとしたフォームを身につけること。そのためには適度な弾みがあって使いやすく、しっかりとスイングできる軽量の用具がおすすめです。このページで紹介する初級者向けの用具を使うことが、上達への第一歩となるでしょう。

卓球のイロハを学ぶ組み合わせ

ラケットは、反発特性の低いラケットがおすすめです。打球の威力が抑えられており、コントロールしやすいためです。重量が軽めのラケットを選ぶというのもポイントです。ラケットの重量が比較的軽めで適度な弾みの『エクスター5』は、スイングしやすく打球のコントロールもしやすいです。
ラバーは、スポンジが軟らかいものがおすすめです。スポンジが軟らかいとボールがスポンジにより食い込み、ボールの飛び出す方向が安定するので使いやすいのです。『サフィーラ』と『フレクストラ』は、スポンジとシートがともに軟らかく適度な弾みを持つ、初級者にマッチするラバーです。また、スポンジの厚みは「中」が良いでしょう。スポンジが厚くなると、弾みは高くなりますが、コントロールが難しくなってしまうので、初級者には「中」が使いやすく、様々な基本技術の習得に適しています。

シェーク異質型を目指す選手へ

『コルベル』は5枚合板のスタンダードなラケットで、初級者でも扱いやすいのでおすすめです。『サフィーラ』や『フレクストラ』よりも多少弾むラバーを選びたいという選手は、ロングセラーラバーの『スレイバーFX』や、軟らかいシートとスポンジを組み合わせた『ラウンデル ソフト』をおすすめします。バック面に表ラバーを貼ってシェーク異質型を目指したいという選手には、適度な弾みを持ち、打球が放物線を描きやすく相手コートに入れやすい『チャレンジャー アタック』がおすすめです。

カット主戦型を目指す選手へ

『インナーシールド レイヤー ZLF』は、ZLファイバーを搭載したインナーファイバー仕様のラケットで、カットに切れ味と安定感をもたらします。フォア面には、カットやツッツキに鋭い「切れ」を実感でき、攻撃時にも適度な弾みを期待できる『タキネス チョップ2』を、バック面には、相手のドライブを抑え込めるようスポンジが軟らかい『タキネス チョップ』を組み合わせて守備力アップを狙いましょう。カット初級者におすすめできる、スタンダードな組み合わせです。

中級者へのステップアップを目指す選手へ

ある程度基本技術を習得し、もう少しで中級者となる選手へのおすすめは、軽くて使いやすく威力も十分の『メイス アドバンス』に、フォア側にはトレランスを追求した『ロゼナ』、バック側には軟らかいシートとスポンジの『ラウンデル ソフト』という、使いやすくステップアップに適した組み合わせです。特に『ロゼナ』は弾みが良いので、パワーがない選手でも無理なく威力がある打球を可能にし、打球者はコントロールを高めることに集中できます。また、回転がかけやすいので、回転量豊富なドライブやツッツキの習得にも向いています。

初級者向け ラケット&ラバーおすすめ組み合わせ

卓球選手としての基礎を築くために最も重要なのは、しっかりと体を使って自分の力で打つためのフォームを身につけることと、自分で回転をかけるための感覚を身につけることです。そのために選ぶべき、初級者向けの用具を紹介します。