2020年12月28日 お知らせ
「バタフライ」ブランドで卓球用品を製造・販売する株式会社タマス(本社 東京都杉並区、 代表取締役社長 大澤卓子)は、 2020年12月19日に創立70周年を迎えました。 このたび70周年ロゴを策定し、 記念事業をスタートいたします。
20201228.png 1950年(昭和25年)に誕生した株式会社タマスは、 創立以来、 卓球用品の提供を通じて、 卓球の魅力や奥深さを広く国内外に発信してきました。 世界卓球や全日本卓球などで活躍する選手をはじめとした競技層向けに「テナジーシリーズ」や「ディグニクスシリーズ」などの高性能ラバーや、 「アリレート カーボン」「ZLカーボン」といった特殊素材を搭載したラケットをラインアップし、 トップ選手から小中学生にいたるまで、 多くのプレーヤーに愛用されています。

株式会社タマスは創立70周年を迎えるにあたり、 記念ラケットの発売、 契約選手(バタフライ・アドバイザリースタッフ)のサイン入りグッズが当たるプレゼントキャンペーンなど、 一年間を通じて、 さまざまなイベントや特典を用意しています。 キャンペーンやイベントなどの詳細は、 70周年特設ウェブサイトで紹介しています。

株式会社タマス 創立70周年特設ウェブサイト:https://www.butterfly.co.jp/70th/

バタフライ
ブランド名のバタフライは、 創業者の田舛彦介が「選手を花にたとえるならば、 私たちはその花に仕える蝶でありたい」という思いから名付けました。 田舛彦介自身が選手時代にラバーの入手に苦労した経験から、 誰もが簡単に入手できる高性能ラバーを日本でつくりたいと志し、 1950年に卓球用品を取り扱う株式会社タマスを創立しました。 それ以来「卓球という小さな井戸を深く掘り続ける」をモットーに、 高性能・高品質のラバーおよびラケットの自社生産に取り組み、 国内外のトップ選手に用具を提供してきました。 バタフライというブランドに込められた田舛彦介の思いは、 創立から70年を経た今日も後進たちに受け継がれています。

■プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000071101.html