シューズのかかと部を踏まないでください

シューズの保護機能で最も重要な役割を果たしているのが、かかと部に内蔵されている「ヒールカウンター」です。
硬い素材(樹脂素材)を使用しているため、かかと部を踏むと変形し、シューズの内部が破れたり、足を傷つけたりすることがあります。また、ヒールカウンターの変形により、シューズの持つ機能を十分に発揮することができなくなります。
そのため、シューズを履くときは、必ず靴ひもを十分に緩めてから足を入れてください。無意識でもかかと部の上に足を乗せてしまうことを繰り返すと、弱い圧力でもヒールカウンターが変形します。シューズを脱ぐ際も同様です。
一度変形すると元には戻せませんので、十分にご注意ください。