なぜ『ディグニクス』は高性能なのか③

ツブ形状

200種類以上から選んだ3つの形状

『ディグニクス』シリーズには、すでに『テナジー』で使用実績のある“05”、“80”、“64”の3つのツブ形状を採用した。最初からこれらを採用すると決めていた訳ではない。思い描く性能を求めて、200種類以上ものツブ形状の中から丁寧に再検証した。その結果、“05”、“80”、“64”のツブ形状は「スプリング スポンジX」と組み合わせてもそれぞれの特長をよく発揮することが分かり、3つの『ディグニクス』の誕生へと至った。

開発コードNo.05

多くの選手による試打と機械測定において「回転性能が高い」と評価された。ボールをしっかりつかみ、スイング方向に打球が飛びやすい。

開発コードNo.80

開発コードNo.05とNo.64の中間の性能を獲得するために開発された。回転性能とスピード性能のバランスに優れている。

開発コードNo.64

多くの選手による試打と機械測定において「スピード性能が高い」と評価された。直線的で攻撃的な打球が出やすい。

なぜディグニクスは高性能なのか