ラケットは重いものと軽いものではどちらが有利ですか?

ラケットは重すぎても軽すぎてもよくありません。
一般的には「振り切れる範囲内で重いものを選ぶ」のが良いとされています。理由は「打球スイングを速くするには軽いラケットが有利」「同じラケットスピードでボールを打ったときは重いラケットの方が有利(打球に威力が出る)」だからです。どのくらいの重さがいいかは、選手の体力や戦型によって変わります。現在、日本の男子トップ選手は、シェークで両面にラバーを張って170~180グラム、ペンで片面にラバーを張って130~140グラムぐらいです。中学生なら、これより5~10グラム軽くても問題ありません。威力なら重め、台上処理には軽めが有利です。

アンケートにご協力ください。
この質問は役に立ちましたか?

PAGE TOP
ONLINE SHOP PAGE TOP
MENU